THE PENDULUM 真田有希の考察

■情報商材の考察

こんにちは。現役インフォプレナーのジルです。

本日は真田有希によるTHE PENDULUMに対し、独自の視点で考察を発信していきたいと思います。

今後の参考にしていただければ幸いです。

【PR】要チェック↓↓

THE PENDULUM 真田有希の評価

THE PENDULUMの概要

さて本日は、真田有希のTHE PENDULUMについて触れていきます。

触れ込みとしては以下の通りですね。

期間限定!総額10万円プレゼント実施中!
2022年初春、世界初公開
振り子のように止まることなく毎日最低2万円、毎月最低60万円
世界水準の資産形成を実現
ペンデュラム
努力を捨てた人から、自分の資産が増えていく
その喜びと感動を体験してください

以上です。

新着の無料オファーですね。

投資系のオファーになりますが、割とその利率は高いらしく、誰でも毎月最低60万円を狙っていけるそうです。

しかも今なら参加者全員に総額10万円がプレゼントされるとのこと。

ここ最近は多いですね~、この手の設定。

プレゼントではなく、毎月協力金が支払われるだとか、給付金が支払われるだとか、名称を変えてとにかく金をばらまく的なニュアンスで参加者を釣っている模様です。

まー言うまでもなく、そのような金銭的贈与などあるはずも無いのですが…。

そしてペンデュラムはあらゆる要素が不要とされていました。

知識不要
経験不要
スキル不要
職業不要
性別、年齢不問

この好環境の中で、毎日2万円以上、毎月60万円の利益が出るとしていますね。

毎日2万円だとしても、土日は株式市場も為替市場も開いていませんので毎月60万円には到達できないのですが、まーペンデュラムはそのような細かいことは気にしない模様です。

で、稼ぐまでのステップとしては

1:メールアドレス&LINEを登録する
2:プロジェクト解説動画の視聴
3:資産形成アプリ、ペンデュラムがあなたの資産だけを増やす

という設定だそうです。

そのうえで掲載されているモニターの検証では、1年間の利益で400万円弱の利益が上がっていると豪語していました。

そんな世界水準の資産形成アプリを、この度世界初公開するとの事ですね。

さて、そんなペンデュラム。

参加するのは得策なのか?という点では、個人的にはやめておいた方がいいと言えます。

まー言葉だけ聞くとなんだか儲かりそうな印象がありますが、いろいろと突っ込みどころがあるのも事実ですので、信用はあまり出来ないでしょう。

理由は下記です。

THE PENDULUM 懸念点

まず公開側の真田有希についてですが、プロフィールは以下のように設定されていました。

THE PENDULUM発起人
PROFILE 真田 有希 SANADA YUKI
某大手TV局の正社員として働くも
業界の未来に不安を感じたことから
自分の人生を、自分で守るために
副業として為替投資をスタート。
特別番組の取材を通じて出会った
1人の資産家と意気投合。
彼の投資経験や実績に感銘を受け
自身も潤沢な資産形成に成功。
加速するインフレの波。
貧富の二極化をいち早くに予測し
人生の恩師でもある資産家と協業して
世界水準の資産形成を
希望する全ての人の生活の一部にするべく
アプリの開発に本格的に着手。
1年間のテスト期間を経て2022年2月。
満を持して資産形成アプリ
PENDULUMをリリース。

演出としては以上ですが、言うまでもなく経歴のでっち上げですので信用はできません。

なんせ真田有希という人物が元テレビ局員であったという情報も、真田有希が世界水準の資産形成に成功したという情報も一切出てこないからです。

そもそも元テレビ局員だと自称するなら、その局がどこなのかしっかりと明記するべきですね。

経歴の設定にしてはガバガバ感が否めません。

まー多くのプレナーはこうした設定を多用しがちなので今さら驚くことも無いのですが、経歴詐称するにしてももう少し上手くやれよと思ってしまいます…。

詰めが甘いというなんというか。

で、もうこの時点で信用性ゼロなのは明白なのですが、収益性についても懸念があります。

というのは、一応LPには以下のような画像が用意されているものの、

このような画像に収益性を裏付ける効力などどこにもありません。

なんせこれ、ただの自作画像だからです。

都合のいい数字を載せただけの画像で、なぜ本来の収益性を裏付けることが出来るのですか?って話です。

もしリアルな収益性を示したいなら、より詳細なデータが確認できる投資履歴か、あるいは外国為替証拠金取引年間取引報告書を掲載するべきです。

まー今回は「1か月の検証の体」ですので外国為替証拠金取引年間取引報告書の用意は出来ないでしょうから、

・チケット番号
・成立日時
・取引種別
・取引額
・通貨ペア
・約定レート
・S/L:逆指値
・決済日時
・仕切りレート
・手数料
・税分
・スワップ

などが詳細に確認できるトレード履歴画像の開示が適切ですね。

それを公開して初めて信ぴょう性が生まれてきます。

ま、どうせそのような画像などないでしょうし、そもそも実績など無いと思いますが。

このように、ペンデュラムには参加しない理由となる懸念点があるのが実情ですので、参加はやめておいた方が得策でしょう。

また、これに似た案件は常に存在している現実もありますので、今後もくれぐれもご注意ください。

参加は非推奨です。

THE PENDULUM 真田有希まとめ

さて、本日は真田有希氏のTHE PENDULUMについて触れたわけですが、上記の理由から入会はオススメできません。

それでも入会したい場合は止めはしませんが、そこは自己責任でお願いいたします。

その中で、もしあなたが本当に稼ぎたいと考えているなら、私は現在進行形で収益が出ている、そして実際のキャプチャも掲載している以下の案件を推奨しておきます。

きちんと「編集無しの実績」を公開していますし、極めて現実的な収益を稼げる案件ですので、どうか安心していただければと思います。

【PR】平均月利50%以上!究極ロジック搭載のハイパフォーマンスEAとは?!
ユーザー同士で繋がれるコミュニティにも参加しながら圧倒的な利回りを稼ごう!

【朗報】平均月利50%以上!究極ロジック搭載のハイパフォーマンスEAとは?!
一か月半の検証の末に得られたデータ、月利52%!酷評だらけのEAとは次元が違う圧倒的な利回りを誇る自動投資システムとは!?

最後になりますが、当ブログに関するお問い合わせは、サイドバーに設置したメールリンクからお願い致します。

必ず24時間以内に返信させて頂きますので、いつでもお気軽にどうぞ。

現役インフォプレナー「Jill」

真田有希 THE PENDULUM 特商法

販売者名 真田有希 Atmosphere合同会社
住所 東京都品川区西五反田2-9-7ドルミ五反田407
電話番号 07076551816
メールアドレス pendulum.staff.01@gmail.com
販売URL https://the-pendulum-project.net/lp1aa1/
販売価格 記載なし
返品・不良品について 記載なし
表現、及び商品に関する注意書き 記載なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました