Give One’s Salon 久慈亮の考察

■情報商材の考察

こんにちは。現役インフォプレナーのジルです。

本日は久慈亮によるGive One’s Salon!に対し、独自の視点で考察を発信していきたいと思います。

今後の参考にしていただければ幸いです。※商品ページ、および特商法は記事の最深部に掲載しています。

Give One’s Salon! 久慈亮の評価

Give One’s Salon!の概要

さて本日は、久慈亮のGive One’s Salon!について触れていきます。

触れ込みとしては以下の通りですね。

おめでとうございます!
読者様限定で特別招待
いまだけ成果報酬手法公開記念として、もれなく参加した全員に総額3600万円プレゼントキャンペーン実施中

以上です。

総額3600万円分のプレゼントって何?って話ですが、以下のようなプレゼントが用意されているとの事です。

1等:ROLEXデイトナ 400万円相当
2等:現金100万円
3等:現金10万円
4等:アマギフ1000円分
5等:参加賞 アマギフ100円分

以上です。

これらは参加した方限定で受け取れるとしています。

で、収益性としては

一生お金が入り続けます!!毎月15日と30日に平均20万円が入り続ける、世界初の全額利益還元キャンペーン

ということで、誰でも無条件に月20万円の収入が得られるとしていました。

しかし肝心のビジネスモデルについては一切記載されておらず、収益発生のメカニズムも一切不明です。

典型的な即金系の案件ですね。

まーこの時点で正直参加する価値は無いと私は思いますが、一応ネタが分かりましたのでここでシェアしておきます。

Give One’s Salon! 久慈亮まとめ

というわけで内容についてですが、要するに投資で稼いでくださいと言うのが本件の実態です。

まー別に投資自体を否定するつもりは毛頭ありません。

現に私もEAを活用した投資利益を稼いでいますからね。

しかし、本件の投資ノウハウに収益性はほとんどないと考えられますので、本件で毎月20万円の利益を手にすることは不可能でしょう。

何故ならLP上で投資実績を示した資料が一切掲載されていないからです。

もう本当、見事に一切掲載されていません。

公開元が自ら「実績はありません」と豪語しているようなものですね。

従って本件に参加しても稼げる投資ノウハウを学ぶことは出来ないと考えてOKでしょう。

もし本当に稼げるなら、投資実績をこれ見よがしにアピールするはずですから…。

それが無い以上は、そういう事です。

まー私的にはそもそも投資であると言うことを明記せずにオファーしている時点で論外ですが…。

参加は非推奨です。

Give One’s Salon! 久慈亮まとめ

さて、本日は久慈亮氏のGive One’s Salon!について触れたわけですが、即金系と言う時点で参加するのはお勧めできません。

実績が示されていないのもそうですが、内容を伝えないのは「内容を伝えることに不都合がある」に他なりませんので、どの道信用性はほとんどないでしょう。

投資で稼ぎたいなら他を当たるべきですね。

改めて言いますが、参加は非推奨です。

その中で、もしあなたが本当に稼ぎたいと考えているなら、私は現在進行形で収益が出ている、そして実際のキャプチャを毎日報告している以下の案件を推奨しておきます。

毎日きちんと「編集無しの実績」を公開していますし、極めて現実的な収益を稼げる案件ですので、どうか安心していただければと思います。

【PR】ジルが愛用中の最高品質なFX自動トレードツールとは?毎日成果を報告中!

【無料・自動・実証済】FXで月利20%を「手堅く」稼ぐEAの考察
現在ジルが最高月利20%を稼いでいるFX自動売買システムとは?「プロトレーダーのトレード理論をそのまま採用したEA」で、「プロトレーダーの頭脳が勝手に取引してくれる環境」をご紹介。当サイト限定特典付き!

最後になりますが、当ブログに関するお問い合わせは、サイドバーに設置したメールリンクからお願い致します。

必ず24時間以内に返信させて頂きますので、いつでもお気軽にどうぞ。

現役インフォプレナー「Jill」

久慈亮 Give One’s Salon! 特商法

販売者名 株式会社インプリンティング 久慈亮
住所 〒638-0811 奈良県吉野郡大淀町土田507-376
電話番号 表記なし
メールアドレス giveones.info.2020@gmail.com
販売URL https://giveone-official.com/lp/1
販売価格 表記なし
返品・不良品について 表記なし
表現、及び商品に関する注意書き 表記なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました