JPEC2020 加藤行俊の考察

■情報商材の考察

こんにちは。現役インフォプレナーのジルです。

本日は加藤行俊によるJPEC2020に対し、独自の視点で考察を発信していきたいと思います。

今後の参考にしていただければ幸いです。※商品ページ、および特商法は記事の最深部に掲載しています。

JPEC2020 加藤行俊の評価

JPEC2020の概要

さて本日は、加藤行俊のJPEC2020について触れていきます。

触れ込みとしては以下の通りですね。

起業したいけど何から始めたらいいのか分からないあなたへ。
世界を相手にした起業が学べるeBayスクールJPEC2020
80名限定!eBayスクール発!
初心者でも初月から月収100万円を狙える完全独自ノウハウを公開!

以上です。

転売ビジネスは情報業界でよくある案件の一つですが、今回は国内にとどまらず世界に目を向けた輸入・輸出・貿易ビジネスとなっていますね。

言わずもがな、ビジネス市場はあのeBayとなっています。

その上で、本件のポイントは以下の通りだとしています。

・理論だけでなく、本当に今から起業する方法を伝授
・一人ひとり会社を経営するプロがeBayビジネスで稼ぐ方法を教えます
・eBayを長年やっているからこそ提供できる極秘カリキュラムを用意

これらのポイントを引っ提げて今回のオファーを仕掛けている模様ですね。

ただ、募集人数は80名限定ということでした。

まーですが、本当に80名で打ち切るのはは微妙なところ…。

単に緊急感を煽りながら参加者を募っている可能性が高いです。

また、サポート内容の充実性もアピールしていて、その内容は以下の通りです。

・eBayビジネスの動画教材
・英語翻訳サービス
・発送代行サービス
・24時間の質問サポート
・会社経営ノウハウ
・人材育成ノウハウ
・目標達成メソッド
・受講生同士の交流

以上ですね。

これが一応JPEC2020の大まかな概要となります。

そしてこうしたコンテンツを活用すれば、初心者でも貿易ビジネスで月収100万円を目指せると豪語していました。

かなり強気な印象です。。。

その上で、本当にeBayで誰でも起業出来るくらい成功できるのか?という点では、ちょっとその可能性は低いと感じます。

eBayに限らず物理的な商品を扱う以上は様々なリスクが付いてしまいがちですし、個人的にちょっと疑問に思う点もありますし…。

本日はそれらの点について解説していきましょう。

eBay ビジネスのリスク

転売ビジネスや輸入ビジネスというのは、どうしたって元手となる資金が必要不可欠になってくる中で、必然的に売れない場合を想定すれば赤字リスクを伴ってしまうのは周知の事実です。

それは国内転売に限らず海外への(海外からの)転売も全く同じであり、eBayも例外ではありません。

従ってeBayビジネスを行う上では、まず事業資金の調達を行う必要があり、赤字リスクを常に背負うという覚悟も必要になります。

そしてeBayビジネスは海外と取引をするわけですから、商品の送料が国内転売に比べて高額になっています。

商品の発送料金しかり、返品の際の送料も結構高いのです。

もちろん、返品の送料は購入者ではなくこちら側が支払う事になります…。

しかも海外の人間は遠慮しがちな日本人と違い、少しでもイメージと違う商品が手元に来た場合は即座に返品する傾向が強いので、商品にわずかなキズや故障などがあった場合は高確率で返品されてしまいます。

しかもしかも、海を渡って商品を運ぶ以上、商品の損傷割合は国内転売に比べてはるかに高いと来ています…。

これはなかなかにリスクだと思いませんか?

またeBayのリスクはこれだけに留まらず、商品そのものが正常に配達されない(届かない)という事例も報告されています。

国内転売だと滅多に起こりませんが、海外への発送あるいは海外から発送された商品は5%の確率で紛失や故障、税関ストップ、配達員による盗難事例が起こっているのです。

100個中5個程度がこのような事案に巻き込まれている計算ですね。

世界中の配送業の人間が日本人ならばこうした事例は極端に少なくなるでしょうが、海外の人間は基本テキトーに仕事をしている傾向にありますし、仕事に対する責任や窃盗に対する罪の意識が日本人より薄いので、こうした結果は致し方ないでしょう。

海外の人の荷物の扱い方なんてそれはそれは雑ですからね…。

それは海外から商品を購入した際の段ボールを見れば一目瞭然です。

結構な確率でボロボロですよ…。

このように、eBayビジネスを行うには

・赤字リスク
・商品の破損、盗難、遅延、そもそも届かないリスク
・返品による送料負担リスク

を常に背負う事になるわけです。

それに国際的に売買が禁じられている商品(象牙など)を扱った場合は、アカウント停止処分になるリスクもありますね。

最悪逮捕なんて事も十分考えられます。

転売や輸入ビジネスにはこうしたリスクが付いているからこそ私はやろうと思わないのですが、あなたはそれでも参加したいと思いますか?

加藤行俊が第三者に稼がせている実績が一切無い

とはいえ本当に儲かる方法で実践すれば、いくらリスクが大きいビジネスと言っても稼いでいくことは可能になるでしょう。

商品の破損等のリスクがあるといっても5%ですし、返品送料分のマイナスを十分カバーできるだけの利益を出せれば月収100万円も夢ではありません。

しかしそれは、「本当に儲かるノウハウがあれば」という前提です。

果たしてJPEC2020にはそれがあるのでしょうか?

私的には、その可能性は薄いと感じます。

というのも、JPEC2020のLP上では加藤行俊が誰かを稼がせていると言う明確な証拠が存在しないからです。

一応受講生からの口コミがLP上に掲載されていますが、

顔写真があるわけでもありませんし、このような文章は簡単に自作できる代物です。

なにせ口コミを加藤行俊自身が書けばいいだけの話ですから…。

チャットワークでの収支報告についても↓↓、

単なる文字だけの報告であり、報酬が実際に上がっていると証明する画像等は一切掲載されていない以上、こちらも自作自演である可能性が否定できません。

つまりLP上の「受講生の口コミ」には、加藤行俊が誰かを実際に稼がせていると証明する効力は一切無いと言う事です。

従って必然的に、JPEC2020に「本当に儲かるノウハウ」は存在しない可能性が濃厚になってくるわけですよ。

もし本当に受講生が稼いでいるならば、eBay内での売り上げ画面や入金画像を掲載するはずですからね。

 明確な実績証明資料が無い
→そもそも受講生は稼げていない
加藤行俊にはeBayで稼がせるノウハウが無い?

こういった図式が完成してしまうのです。

この可能性はあながち低くは無いと思いますよ。

加藤行俊の過去作について

また、加藤行俊は過去に今回の案件と似た「メルアカ(メルカリアカデミー)!」「在宅中国貿易3.0」といった案件を発行しているのですが、この二つは当サイトでも取り上げていますので、気になる場合は一度ご覧ください。

メルカリアカデミー 宇田川まなみ の考察
日本初のメルカリを本格的に学べる学校として注目のメルカリアカデミー。転売ビジネスの数々の実践デメリットってなんなの?を徹底解説。稼ぐのはほぼ不可能?
在宅中国貿易3.0 鈴木正行の考察
日本一受講生を稼がせてきた物販スクールの新しい稼ぎ方だとする在宅中国貿易3.0ですが、稼がせてきた実績なんてそもそも無い可能性が濃厚!公開元の鈴木正行ですら稼いでいないのか?

ちなみにこの二つもJPEC2020と同様、収入実績を示すものは何一つ掲載されていない案件になっています。

加藤行俊はなにがなんでも実績を示したくないのでしょうね…。

本当に稼げるノウハウであるなら、加藤行俊自身や受講生のれっきとした明確な、文句のつけどころが無い確固たる実績画像等を示せばいいのに。。

「月収100万円も目指せます!」としながらその実績は公開しないなんて、私にはちょっと理解不能です。

まーいずれにしても、儲からない可能性が濃厚な以上、参加は控えるべきでしょう。

JPEC2020 加藤行俊まとめ

さて、本日は加藤行俊.氏のJPEC2020について触れたわけですが、そもそもeBayビジネスには様々なリスクが付いてしまいがちですし、儲けるどころか逆に損失を招いてしまう可能性が初心者ほど高いので私はオススメできません。

まーもし本当に儲かるノウハウがあるなら話は別ですが、上記の理由からJPEC2020にそれを期待するのは得策ではないでしょう。

万が一稼げるとしても、貿易ビジネスの手間を考えれば、どの道私はやりませんね…。

だったら極力労力を掛けずに儲ける方法を模索しますよ。。

その中で、もしあなたが本当に稼ぎたいと考えているなら、私は現在進行形で収益が出ている、そして実際のキャプチャを毎日報告している以下の案件を推奨しておきます。

極めて現実的な収益を稼げる案件ですので、どうか安心していただければと思います。

【PR】ジルが愛用中の最高品質なFX自動トレードツールとは?毎日成果を報告中!

【無料・自動・実証済】FXで月利20%を「手堅く」稼ぐEAの考察
現在ジルが最高月利20%を稼いでいるFX自動売買システムとは?「プロトレーダーのトレード理論をそのまま採用したEA」で、「プロトレーダーの頭脳が勝手に取引してくれる環境」をご紹介。当サイト限定特典付き!

最後になりますが、当ブログに関するお問い合わせは、サイドバーに設置したメールリンクからお願い致します。

必ず24時間以内に返信させて頂きますので、いつでもお気軽にどうぞ。

現役インフォプレナー「Jill」

加藤行俊 JPEC2020 特商法

販売者名 加藤行俊 株式会社ワクレボ
住所 〒104-0042
東京都中央区入船2丁目2番地14 U-AXIS 6階
電話番号 03-5244-9770
メールアドレス info★wakurevo.co.jp
(★を@に変えて送信してください)
販売URL https://jpec2020.com/mfn/vol1/
販売価格 0円
返品・不良品について 表記なし
表現、及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。また、本商品を利用したこと、または利用できなかったことから生ずる一切の損害に関しては、当社は一切の責任を負えません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました