資産構築型副業 増田和彦の考察

■情報商材の考察

こんにちは。現役インフォプレナーのジルです。

本日は増田和彦による資産構築型副業に対し、独自の視点で考察を発信していきたいと思います。

今後の参考にしていただければ幸いです。※商品ページ、および特商法は記事の最深部に掲載しています。

資産構築型副業 増田和彦の評価

資産構築型副業の概要

さて本日は、増田和彦氏の資産構築型副業について触れていきます。

触れ込みとしては以下の通りですね。

今この時代、最も必要とされる副業をあなたはご存じですか?
ほったらかしで毎月200万円、300万円の安定収入!
そして1億円クラスの莫大な利益も!
副業の神様、増田和彦がたどり着いた目を疑うような稼ぎ方!
リスク0!全くの初心者がなぜここまで大きな利益を狙えるのか?
この信じられない稼ぎ方をこれから無料であなたに公開します。

以上です。

一応期間限定での公開としていますね。

他にもLPには「簡単に稼ぐにもほどがある!」とし、知識や経験、センスも不要のなか、シンプルな単純作業をたった一度実践するのみで毎月200万円以上のほったらかし収入が実現すると豪語していました。

まー無料オファーではお馴染みの「不労所得系」の案件だといえます。

…で、実践するビジネスモデルは?という点なのですが、どうもLPを見ただけでは把握できない感じですね。

記載されているのはあくまで

・最先端の副業
・不労収入になる
・素人でも実現可能

という点のみ…。

肝心の内容については一切触れられていない案件になっています。

そこまで収益性を謳うならビジネスモデルくらい明かせよって話なのですが、増田和彦的にはひた隠しにしたい思惑があるようですね…。

なにか明かせない不都合があるのか、明かせば読者が離れていくようなビジネスモデルなのか…。

まーとにかく、増田和彦にとってビジネスモデルの公開は避けたい事実なのでしょう。

その上で、本当に毎月20万円以上の不労収入になるの?という事についてですが、私的にそれは実現できないと考えています。

公開元が増田和彦という点もそうですが、大本があの会社になっているという点、そしてLPに掲載されている数々の実績画像などから、素人がLP上の収益性を再現できる可能性はほぼゼロだと判断します。

それらの理由は以下から解説していきましょう。

副業の神様(笑)と自称する増田和彦の経歴

まず増田和彦について。。

この増田和彦という人物は、今回に限らず過去にいくつか案件を発行してきた人物で、本サイトでも以下の「増田式・副業革命」という案件を取り上げたことがあります。

増田和彦 増田式・副業革命の考察
一日たった15分で毎月30~100万円の収入、そして1億5000万円分の海外旅行を獲得できるとする増田式・副業革命ですが、総合的に見て避けた方がいい根拠とは何か?リスクが高すぎる理由も併せて解説します。

「増田式・副業革命」のキャッチコピーは以下のようなものでした。

知識・経験・センス・資金、面倒な作業も一切不要!
一日たった15分のスキマ時間で、毎月30万円、50万円、100万円の安定収入を作りながら、1億5000万円分の海外旅行を無料で!

まー今回の案件と似たり寄ったりなものですね。

で、「増田式・副業革命」のビジネスモデルはFBA(フルフィルメント by Amazon)を利用したAmazon転売でした。

…、私は別にAmazon転売自体を批評したいわけではありません。

むしろFBA(フルフィルメント by Amazon)を利用したAmazon転売は非常によくできたビジネスモデルだと思いますし、正しい手順さえ踏めば効率よく稼ぐことが出来るはずです。

しかし「増田式・副業革命」の良くない点は、Amazon転売の都合に良いところだけをLPで紹介し、実践者にとってのリスクなどにはほとんど触れず、それでいて儲けにならないノウハウを提供していたと言うものです。

事実、「増田式・副業革命」に参加して本当に稼げたと言う話は一度も耳にしませんでした。

LPに記載されていた「作業時間を「超」効率化してくれるオリジナルツール」というのもガラクタ同然のものらしいですし…。

つまるところ増田和彦は、自身の案件のおいて参加者を実際に稼がせた実績がない人物だという事になります。

少なくとも「増田式・副業革命」で初心者を稼がせた実績はありません。

副業の神様が聞いて呆れますね…。

そんな増田和彦が満を持してオファーしている今回の資産構築型副業。

あなたは本当に毎月200万円以上の不労収入が実現すると思いますか?って話です。

私なら「金を貰ってでも参加したくない」ですね。

あの会社が大本 = 投資系のビジネスモデル?

続いての「本件で不労収入が実現しない理由」ですが、公開業者の大本が「あの」クロスリテイリング株式会社になっている点です。

いちおう特商法の販売事業者では「株式会社Asset Cube」としているものの、この会社はクロスリテイリング株式会社のグループ会社となっている事から、実際の仕掛け人はクロスリテイリングの山口孝志であるとみてOKでしょう。

ちなみにこの山口孝志は5000万円の脱税事件を犯しテレビニュースにも取り上げられた人物です。

このような人物から発行されているのが今回の案件です。

…ちょっと危険だと言わざるを得ませんね。

そもそもクロスリテイリング株式会社関連のオファーで実際に稼げたという話もまず聞きませんし。

むしろこの会社から発行された案件では、バックエンド費用の回収すら出来ずに泣き寝入りしている人が後を絶たない事から、稼ぐどころか損失を招く可能性が大だと言えます。

なので正直言って、今さらクロスリテイリング株式会社に頼るのは非常にナンセンスなことかと…。

参加は控えるべきでしょうね。

掲載実績の信ぴょう性

ちなみにですが、LPに掲載されている数々の実績画像は何の意味もないものですので、これを見て「本当に収益になってるんだ」と勘繰るのはやめましょう。

確かに報酬画像や入金画像が掲載されているものの、よく見るとあらゆる箇所でモザイク加工がされており、不都合な部分は意図的に隠されているからです。

こうした画像には何の意味もありません。

例えば以下の画像。

確かに41億以上の数字が記載されていますが、こんなものではこの数字が収益であると判断することが出来ません。

表示されているのは、あくまでただの数字だからです。

「報酬」や「収益」といった単語はどこにもありませんし、不自然に加工されたモザイク処理のおかげで、そもそも何の表なのかも不明。

ただの数字がなぜこの案件での収益だと豪語できるのか理解不能です。

以下の画像だってそうですね。

一応金額は表示されていますが、まーご丁寧に施されたモザイク処理のおかげで何の数字なのかさっぱり分かりません。

実際に存在した入金だとしても、この入金は本当にこの案件で稼いだ収益なのでしょうか?

だって、本件での収益だとする証拠なんて無いのですから。

従って、このような「ただただ数字のみ」を見せつけている自称実績画像(仮)は、その案件の収益性を裏付ける資料とはなり得ず、本当に「何の意味もない画像」だと言えますので、くれぐれも信用はしないほうが良いでしょう。

まー私的には、不自然に加工されている実績画像自体、信ぴょう性に欠けると思いますが…。

資産構築型副業 増田和彦 まとめ

さて、本日は増田和彦の資産構築型副業に触れたわけですが、

・増田和彦
・クロスリテイリング株式会社
・実績画像の信ぴょう性

という3つの視点から考えて、申し込むのは時間の無駄だと私は考えます。

断言しても良いですね、「素人が本件で毎月200万円以上の不労収入は絶対にあり得ない」と。。。

それも「シンプルな単純作業をたった一度実践するだけで」なんて夢のまた夢でしょう。

行き過ぎた誇大広告です。

参加はやめておくべきですよ。

その中で、もしあなたが本当に稼ぎたいと考えているなら、私は現在進行形で収益が出ている、そして実際のキャプチャを毎日報告している以下の案件を推奨しておきます。

極めて現実的な収益を稼げる案件ですので、どうか安心していただければと思います。

【PR】ジルが愛用中の最高品質なFX自動トレードツールとは?毎日成果を報告中!

【無料・自動・実証済】FXで月利20%を「手堅く」稼ぐEAの考察
現在ジルが最高月利20%を稼いでいるFX自動売買システムとは?「プロトレーダーのトレード理論をそのまま採用したEA」で、「プロトレーダーの頭脳が勝手に取引してくれる環境」をご紹介。当サイト限定特典付き!

最後になりますが、当ブログに関するお問い合わせは、サイドバーに設置したメールリンクからお願い致します。

必ず24時間以内に返信させて頂きますので、いつでもお気軽にどうぞ。

現役インフォプレナー「Jill」

増田和彦 資産構築型副業 特商法

販売者名 増田和彦
住所 〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラル12F
電話番号 03-5244-5340
メールアドレス info@mr-sidejob.com
販売URL https://lp.cross-contents.com/acs/cafc.html
販売価格 表記なし
返品・不良品について 表記なし
表現、及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現の受け止め方には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

コメント

  1. アバター より:

    どうってことない…いつものアフリですね。
    しかもそのセールスレターそのものがすでに商材になってますね。
    購入者=販売者になってしまうところに怖さがあります。

タイトルとURLをコピーしました