稼げる副業まとめ vol.6 ‐ テクニカルオーファリングビジネス

■副業まとめ

こんにちは。現役インフォプレナーのジルです。

本記事では「副業まとめ」というカテゴリのもと、ネット、リアルを問わない様々なジャンルの副業をご紹介していきます。

今後紹介していく副業の数々は、私がインフォプレナーとして活動してきた経験を基にまとめたものであり、今もなお有効な副業モデルとなりますので、もしあなたが副収入を欲している場合は何卒お役立てください。

「副業まとめ」記事一覧はこちら↓↓

副業まとめ一覧
当ブログでは、私がインフォプレナーとして培ってきた経験を基に、実にさまざまな「副業」をご紹介しております。ネット・リアルを問わない副業を取り上げていますので、副収入が欲しい方は何卒参考にしてください。

それでは早速。

稼げる副業まとめ

テクニカルオーファリングビジネス

これより解説するテクニカルオーファリングビジネスですが、和訳すると「技術提供ビジネス」という事で、特技や専門的な技術を生かして報酬を稼ぐビジネスになります。求められるスキルは比較的低いものから高度なものまでありますが、初心者でも実践出来るものもありますので、何卒ご参考にして頂ければと思います。

ストックフォト

ストックフォトは、前回に解説したストック動画クリエイターのフォト版です。

つまり自作したフォトを専門のサイトへ売りに出し、それを必要としている企業あるいは個人が居れば売買が成立し、報酬が稼げるというものです。

一昔前まで、こういった「売れる写真」はプロのカメラマンの腕と高性能なカメラ機能が必須だったわけですが、現代ではプロが撮ったものと同様の写真が取れてしまうカメラが無数に出回っているのが現状で、そういったカメラは比較的安価で手に入れることが出来ます。

そればかりかカメラを改めて買わずとも、スマホのカメラでさえも非常に性能が良いものになっていますし、撮影した画像をより鮮明に、綺麗に加工できるアプリなども無料で利用できたりしますので、初期投資ゼロで取り組むことが可能になります。

こういった背景から生まれたのが、社会現象とまで言われた「インスタ映え」という単語になります。

いかにSNS上で映える写真が撮れるかを日常的に試行錯誤しているユーザーが後を絶たない為、今では日本のみならず全世界でプロ並みの写真が投稿されています。

しかし、これらのユーザーは単に「いいね」が欲しくてインスタ映えする写真を投稿しているだけであり、収益化はほとんど出来ていないのが実情です。

それは、「そういった写真は売れる」といった情報をユーザーの多くが知らないからですが、実は旅行の際に撮った壮大な景色の写真や世界遺産の写真、グルメ写真などなど、高性能なカメラで撮った鮮明な画像は意外にも良い小遣い稼ぎになったりするのです。

つまり、二次的に使用できる権利が与えられた著作権フリーの写真は需要があるというわけです。

従って今現在、SNSなどに投稿するために鮮明な写真を日常的に撮影し、その技術にも自信がある場合は、以下のサイトで写真を売ってみてはいかがでしょうか?

Snapmart / スナップマート

ポスター販売

美しい情景や映える人物像の写真を撮るスキルがあるのなら、写真そのものを収益化するのではなく、自作のポスターとして販売するのも一つの稼ぎ方です。

自作ポスターの製作は簡単且つ手間いらずですし、写真を印刷しポスターフレームに収めて販売するだけで、一枚の販売につき1,000円前後の利益に繋がるからです。

印刷する方法は様々な方法があるものの、自宅にプリンターが無い場合はコンビニのマルチコピー機を利用するのが一番手っ取り早いでしょう。

手順としては撮影した写真をSDカードやUSBメモリに保存し、コピー機に接続してカラー印刷した後、予め購入しておいたポスターフレームかフォトフレームに収める流れになります。

コンビニで印刷できる最大サイズはA3(297×420mm)になりますが、A4、A5も印刷する事が可能ですし、料金(カラー印刷)も一枚50円~80円となっていますので、掛かる経費を極力抑えることが出来ます。

用意するフレームもダイソーなどの100円均一で揃えられ、A5~A4なら一枚100円、A3なら一枚400円で購入する事が出来ます。

つまり自作のポスター制作に掛かる経費は、一つのポスターで200円~最大500円程度しかかからないわけです。

これらのポスターを、A5とA4サイズなら700円前後、A3サイズなら1,200円~1,500円程度でオークションサイト等に売りに出せば、見込める利幅は比較的大きくなるのです。

ただ、A3より大きなポスターを販売したい場合、コンビニのマルチコピー機では印刷できないので専門の印刷会社に依頼する必要があります。

しかし印刷会社に依頼するとなると、印刷料金が急に跳ね上がる傾向にありますのでお勧めは出来ません。

ポスターフレームもA3以上だと100均では揃えることが出来ませんので、一枚で1,500円以上の元手が必要になります。

従って金銭的リスクを極力削る意味でも、ポスター販売は手軽にできる範囲、A3サイズまでの販売で抑えておくべきでしょう。

また印刷する写真ですが、より鮮明に印刷するために解像度には気を配ってください。

A5あるいはA4サイズならどんなに少なくとも1920px×1080px(300万画素)以上、A3サイズなら3600px×2700px(1000万画素)以上の写真が必要になります。

それ以下の解像度となると印刷した際に荒く仕上がる可能性がありますので、撮影するときはカメラの保存画素数を最大限上げておくことを推奨します。

カメラ撮影スキルに自信が無い場合は、著作権フリーで提供されている写真をネットから拾い、それを印刷して販売するのも有効です。

ただ気を付けなければならないのは、画素数もそうですが著名人や有名キャラクターなどの画像を無断で使用する事です。

最悪の場合著作権侵害で訴訟問題になりかねませんので、この点だけは注意しましょう。

販路としてはメルカリをはじめとしたネット出品サイトがオススメです。

【PR】副業せずに副収入を得たい方はこちら。

【無料・自動・実証済】FXで月利20%を「手堅く」稼ぐEAの考察
現在ジルが最高月利20%を稼いでいるFX自動売買システムとは?「プロトレーダーのトレード理論をそのまま採用したEA」で、「プロトレーダーの頭脳が勝手に取引してくれる環境」をご紹介。当サイト限定特典付き!

ハンドメイド販売

これまでの一般人によるハンドメイド商品の販売は、主に女性が商品を作り女性が購入するという傾向にありましたが、近年では男性をターゲットに男性が商品を作り販売するケースが増えてきています。

女性の場合は、主に裁縫スキルを活かした子供服の販売やビーズなどのアクセサリー販売が多い中、男性の場合はちょっとした小物や革製品、大型の家具に至るまで様々なカテゴリに細分化された商品が販売されています。

そもそも「モノを作る」という仕事は男性の方が圧倒的に多い現実がありますので、商品制作に長けた男性があらゆる分野の商品を販売できるのは至極当然な話なのかもしれません。

とはいえ男性によるハンドメイド販売は、女性に比べまだまだ小さい規模だと言わざるを得ません。

女性の場合は時間的に余裕がある主婦層が多く販売を行っているからです。

しかし裏を返せば、男性による販売者が少ない以上、需要に対する供給が間に合っていないという事になりますので、一度販売を掛ければ即日中に売れてしまうというケースもザラにあります。

同じ商品を10個製作し販売した際、3日ほどという極めて短期間で売り切れになってしまう事も珍しくないわけです。

ちなみに商品制作は一から作っても良いのですが、効率性を求めるなら既存の製品に手を加えて販売するのが良いでしょう。

例えば革製のスマホケースにアレンジを加えて、デザイン的にカスタマイズした商品を売りに出したりする事です。

こういった商品は、完成度にもよりますが元の価格の5倍~10倍程度で売れたりしますので、単に作業を繰り返すだけで販売数に乗じた利益を稼ぐことが可能になります。

従いまして、現在本業として何かモノを製作する仕事に携わっている場合や、趣味としてフィギュアやプラモデルのカスタマイズに凝っている場合は、その技術を生かしてハンドメイド販売を行う事を推奨します。

以下は、本記事推奨のハンドメイド販売専門のサイト一覧になりますのでご参照ください。

Creema / クリーマ

Minne / ミンネ

tetote / テトテ

一点物の印象が強いハンドメイド販売は、モノ作りに長けた人にお勧めの副業です。

SEOコンサルタント

SEO対策とは「検索エンジン最適化」の事を指しますが、つまりGoogleなどの検索エンジンで特定のキーワードを入力し記事を検索した場合、少しでも自分のサイトの検索順位を上げようとあらゆる対策を行う行為を指します。

そしてそのSEO対策を行うのがSEOコンサルタントというわけですが、SEOコンサルタントはWEBの仕組みをよく理解し、どのようにすればSEO対策として有効なのかを熟知していなければ成り立たないビジネスですので、そういった知識すらない初心者にとっては非常に難易度の高いものになります。

しかしその反面、稼げる額も極めて高額になっており、優秀なSEOコンサルタントともなると一日で5万円~10万円にも昇る非常に高単価なビジネスになっています。

従って現役で、尚且つ長期にわたりIT企業で務めている場合でしか通用しないビジネスではあるものの、本記事を読んでいる方の中でSEOに対する知識やスキルが高い場合、本ビジネスはこれ以上無い美味しい副業と言えるでしょう。

クライアントとの交渉力も必要になってきますが、報酬によっては会社からの給料を悠に超える副収入に繋がる可能性が高いからです。

肝心なのは、クライアントは主に個人ではなく企業に絞る事です。

個人で運営している小規模なサイトやブログですと、そもそも売り上げが立っていないケースが大半なので、いくら有効なSEO対策をコンサルしたとしても儲けられる報酬が少額になってしまう傾向にあるからです。

反対に業績が安定している企業からの依頼を受けた場合、正常に依頼をこなせれば正当且つ妥当な報酬が稼げます。

無論コンサル内容にもよって報酬額は上下しますが、それでも本記事で解説しているどの副業よりも高収入が実現できるビジネスですので、これまで培ってきたスキルがあるのでしたらやって損は無い副業モデルです。

外国語翻訳者

昨今のグローバル化に伴い、海外言語を日常的に扱う企業が増えてきました。

企業だけではなく、個人的に英語を中心とした外国語スクールに通う一般人も増えつつあり、芸能人も英語を習得している人が多くいます。

その中で、海外言語から日本語に、あるいはその逆の翻訳を行う依頼が増えてきています。

翻訳者になるためには必ずしも留学経験や帰国子女である必要はなく、海外言語を翻訳できるのであれば誰でも依頼を受けることが可能になりますし、やる事は通訳ではなくあくまで翻訳となりますので、ネイティブな発音を必要とすることはありません。

中でも近年、中国語翻訳の需要が高くなっています。

この点の良いところは、日本は中国と同じ漢字圏であり、中国で使われているおよそ50%の漢字に対応できる点です。

文字がそもそも違う英語圏より、中国語の翻訳者は初心者からでも勉強さえすれば十分目指せるものでありますし、需要が高い今、中国語は他の言語よりお勧めできる言語です。

勿論中国語のみに絞らず、今現在その他の海外語学に精通しているなら、得意とする国の言語の翻訳者として活動すると良いでしょう。

以下は、本記事推奨の翻訳系のサイト一覧になりますのでご参照ください。

Gengo / ゲンゴ

Amelia / アメリア

翻訳が面倒だからと言ってGoogle翻訳などのフリーツールで済まそうとするユーザーが少なくありませんが、そういった翻訳ツールもまだまだ完璧に翻訳出来るわけではありませんので、お勧めは出来ない実践方法です。

何卒ご注意ください。

また、翻訳の依頼は前回にご紹介した「ランサーズ」というクラウドソーシングサイトにも豊富に登録されておりますので、そちらも併せてご確認頂ければと思います。

【PR】副業せずに副収入を得たい方はこちら。

【無料・自動・実証済】FXで月利20%を「手堅く」稼ぐEAの考察
現在ジルが最高月利20%を稼いでいるFX自動売買システムとは?「プロトレーダーのトレード理論をそのまま採用したEA」で、「プロトレーダーの頭脳が勝手に取引してくれる環境」をご紹介。当サイト限定特典付き!

さて、本日はここまでです。
続きは次回にさせて頂きます。

最後になりますが、当ブログに関するお問い合わせは、サイドバーに設置したメールリンクからお願い致します。

必ず24時間以内に返信させて頂きますので、いつでもお気軽にどうぞ。

現役インフォプレナー「Jill」

コメント

タイトルとURLをコピーしました