磯島忠司 キャッシュクリエーションクラブの考察

■情報商材の考察

こんにちは。ジルです。

本日は磯島忠司氏によるキャッシュクリエーションクラブに対し、独自の視点で考察を発信していきたいと思います。

今後の参考にしていただければ幸いです。

磯島忠司 キャッシュクリエーションクラブ 特商法
販売者名 磯島忠司
住所 神奈川県横浜市西区高島2丁目11-2-422
電話番号 08060823355
メールアドレス info@cash-creation-club.site
販売URL http://cash-creation-club.site/
販売価格 44800円
返品・不良品について 返金規定及び利用規約に記載。また、自己都合の返金には一切応じません。
表現、及び商品に
関する注意書き
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

【PR】要チェック↓↓

磯島忠司 キャッシュクリエーションクラブの評価

キャッシュクリエーションクラブの概要

多くの情報商材、ビジネス教材というのは、基本的にASPを通して販売を行っている中で、ASPを通さず、独自決済を利用して販売を行う案件も多く存在しています。

独自決済の方法としては、PayPal決済、他の決済代行会社を利用した決済、そして販売者の指定する口座へ直接費用を振り込む決済方法などが用いられています。

そうする理由は様々なものがありますが、最大の理由はやはり決済手数料の削減だと言えるでしょう。

多くのASPの場合、販売代金の10%をASP側に支払わなければならないのに対し、PayPal決済ですと4%~6%、他の決済代行会社で5%~7%、指定口座への直接決済だと0%となるからです。

たかが数%だろうと思うでしょうが、プレナー側からするとたった1%でさえも経費を削減したい思いがあるのです。

実際私も過去に10以上の案件を販売してきましたが、ASPに支払うべき(差し引かれる)10%の手数料は、本当に大きな経費だと常日頃思っていました。

例えば総額1000万円の販売額ですと、100万円もの大金がASP側に持っていかれるわけですからね…。

ま~決済を代行して頂いている以上、手数料の概念はしょうがないものなのですが、やはり大きな出費になっている事に変わりはありません。

そして本日取り上げる磯島忠司氏のキャッシュクリエーションクラブも、そうした手数料削減を目的としてか否か、ASPではない他の決済代行会社を利用した決済方法を用いている案件です。

概要的には「参入8か月後には月収110万円の域に達した“以上”なまでに儲かる「裏ビジネス」の実態」という事で、

STEP1:莫大な資産を築くビジネススキーム構築ノウハウ
STEP2:資産を安定化させる継続オペレーションノウハウ
STEP3:資産をさらに増やしていくマネーインクリースノウハウ

の3ステップで稼ぐビジネスモデルを公開しているそうです。

総額の利益は1295万円とし、収益性の高さを読者にアピールしている模様です。

また、作業的にもかなり簡素化されていて、ネット上に存在している指定データの取得を主軸とした単純作業のみだとしています。

それだけで月収100万円以上の収益になるというのですから、ネットビジネス初心者からすれば非常に魅力的に映る案件だと言えるでしょう。

こうした「●●するだけで」系の案件は他にも無数に存在しますが、キャッシュクリエーションクラブはその中でも群を抜いて収益性が高い案件でもありますね。

まー、確かに販売ページのみを鵜呑みにしてしまえば、スキルの無い自分でもなんだかやれる気になってくる感じもあるでしょうが、正直、このキャッシュクリエーションクラブで高額な収益を獲得するのは難しいのではないかと思います。

頑張れば月額5~10万円程度の収益くらいは稼げるでしょうが、さすがに月収100万円以上を再現するのは不可能に近いでしょう。

本日はその点について触れていきます。

キャッシュクリエーションクラブの市場背景とビジネスモデル

まずキャッシュクリエーションクラブのビジネス市場ですが、これはアダルト市場を背景としています。

それも海外ではなく日本のアダルト市場ですね。

レターで「海外マーケット」「米ドル」といった主張が強いのは、利用するASPが海外のモノを推奨しているからです。

ビジネスモデルとしては、アダルト動画のまとめサイト運営となっています。

流れとしては、海外のアダルトサイトからアダルト動画のURLを取得し、それらを日本の無料ブログサービス上でまとめ、訪問ユーザーからのアクセスに応じた広告収入を、海外ASPから頂くというものです。

つまり海外ASPを利用したPV保証型アフィリエイトというのが、キャッシュクリエーションクラブの全容となります。

従って「指定データの取集」というのは、アダルト動画のURLを指しているのだと言えますね。

また、あくまでURLの収集及びまとめ作業が主なビジネス工程となっている以上、各ビジネススキルの必要性や知識等も不要な事から、一応はレターに掲載されている「稼ぎの流れ」に虚偽は無いと言えるでしょう。

「モノの売買・売り込み・宣伝・勧誘・成約とは一切無縁」という記載も一応その通りですし、初期費用ゼロ、完全自己完結、利益はそのまま純利益に直結などといった実践メリットなども、別段ウソは言っていないと言えます。

しかし、ビジネスモデルが分かった上で果たして稼げるのか?というところでは、「稼げるが高額な収益は期待できない」というのが正直なところです。

平均時給6500~11500円と表記されていますが、この額はちょっと言い過ぎじゃないか?と、プレナーの私からすれば感じてしまうところです。

キャッシュクリエーションクラブは良くて月収10万円が限界

と言いますのは、まずいち個人が運営するまとめサイトにはどうしたって作業的・時間的な限界があります。

そうした物理的な限界がある場合、無論まとめサイトの成長度にも限界が生じてしまい、アクセス数にも限界が生じてしまいます。

まとめサイトでアクセスを稼ぐ肝は豊富なコンテンツ数ですから、物理的な限界でサイト自体の成長スピードにも限界があるなら、それに比例してアクセス数にも限界があるわけです。

すると、月収100万円以上を稼ぐためのアクセス数を稼ぐのは、いち個人ではほぼ不可能になるのです。

私も以前、個人的にまとめサイトを運営していた頃がありましたが、

あらゆる集客対策を講じなんとか月間500万PVを誇っていたものの、それでも月間の収益は20万円にも満たない状況でした。

こう言ってはなんですが、私は長年のアフィリエイター活動、インフォプレナーとして活動する過程で、実に多くの集客ノウハウを培い熟知しているつもりです。

その私が、いち個人でまとめサイトをやり遂げた成果がやっと月間20万円程度でしたので、キャッシュクリエーションクラブを実践する初心者はどんなに良くても私の半分程度、月額およそ10万円程度の収益が限界だと考えられるのです。

仮に、一日に当てる時間を15時間ほどとし、寝食以外の時間は全てまとめサイト育成に充てるならば、もしかすると月収20万円以上の収益を達成できるかもしれません。

しかし、それでも月収100万円以上の成果を出すのはかなり難しいでしょうね。

磯島忠司氏は自身の実績として収益状況のキャプチャを掲載しているものの、それはあくまで磯島忠司氏の成果でありますので、それを実践者に再現させられる根拠には繋がりません。

ビジネスモデルの全体像的には、実践すれば必ず収益にはなると言えますが…、さすがに100万円は無理だと言っておきます。

独自決済の是非

また情報商材というのは、何もASPを通すだけが販売方法とは限りません。

先にも記載したように、決済方法は様々な方法が用いられています。

その中でよく見かけるネットの風潮に、「ASPを通していない情報商材は全て詐欺」というものがあります。

「ASPの審査を通していない=無審査の詐欺商材」

といった定義から、多くのレビュアーがこのような事を言っているのです。

確かにインフォトップを始めとした多くのASPは、商品を登録・販売する際に販売ページと商品内容を照らし合わせて、記載事項に虚偽が無いか、誇張した表現は無いかなど、あらゆる観点で基準に満たしたもののみを審査通過対象としています。

こうした審査があるからこそ、

「ASPで販売されている=ASPの審査基準を満たした優良商品」

といったイメージが根強く、ASPではなく独自決済の商品は不良商品だという風潮が生まれているのでしょう。

しかしそれは、少しだけ事実とは異なっています。

販売者自身の口座へ直接費用を振り込ませる決済方法とPayPalでの決済方法は、確かに無審査で商品を売ることが可能ではあるものの、他の決済代行会社を利用した際はきちんとした商品の審査環境が設けられています。

その基準は多くのASPと何ら変わりは無く、むしろインフォトップより厳しい決済代行会社もあるくらいです。

というより、インフォトップの審査などそもそも無いに等しいと言って良いのですが…。※この件については後日、プレナーあるあるとして改めて記事にしようかと思います。

そして本日のキャッシュクリエーションクラブも、ASP以外の決済代行会社を利用した形で販売を行っているわけですが、PayPalや指定口座へ直接決済を行っているわけではありませんので、利用している決済会社の審査基準を正常に満たした商品であると言えます。

だからと言って推奨できるものとは限りませんが、「ASP以外からの販売=詐欺」という認識は改めるべきでしょうね。

ASP以外から発行されている超優良案件は数多くありますし、逆にインフォトップから発行されている案件でも「詐欺そのもの」な商品は山ほどありますから…。

だからこそ、ネット上で「ASPの審査を通していない=無審査の詐欺商材」としているレビュアーを見かけると、「この人何も知らないんだな~」と、プレナーの私は思ってしまうのです。

手数料の高さからインフォトップなどのASPを懸念し、ASPと同等の審査基準を設け、格安の手数料で販売できる決済会社に多くのプレナーが移行している現実を知らないんだな…といった感じです。

テキトーな事ばかりを言って、私を含めたプレナーさん達から鼻で笑われているとも知らずにね…。

ま、私には関係ないか。

磯島忠司 キャッシュクリエーションクラブまとめ

さて、本日は磯島忠司氏のキャッシュクリエーションクラブについて綴りましたが、最終的に言えることは「実践して稼げないわけではないから、月収100万円と言わずとも10万円程度で満足するなら、買っても良いかもしれない」という事です。

ただし、ビジネススキルの必要性は無いものの、それでも実践上の苦労は必ず感じるビジネスモデルなので、「楽してすぐに稼げる」といった認識で申し込むのはやめておいた方が良いでしょう。

従って私からの評価は、可もなく不可もなく、100点満点中40点くらい、いや、45点くらいの案件でしょうか。

小遣い稼ぎには良いかもしれませんが、高額な収入を実現したいならば他のビジネスへ挑戦する事をお勧めします。


最後になりますが、当ブログに関するお問い合わせは、サイドバーに設置したメールリンクからお願い致します。

必ず24時間以内に返信させて頂きますので、いつでもお気軽にどうぞ。

現役インフォプレナー「Jill」

コメント

タイトルとURLをコピーしました