【保存版】徹底検証!キラーのWEB3.0 完全攻略キットで先行者利益は狙える?

■情報商材の考察

こんにちは。現役インフォプレナーのジルです。

とうとう2024年も7月に入ろうとしてますね~。

もう完全に夏ですし、すでにめちゃくちゃ暑い…。

去年の夏は観測史上最高気温を叩き出したとのことで、猛暑を超えて酷暑という表現が多用されていましたが、今年はそれを超えてさらに暑い夏になると報道されていました。

普通に北海道でさえ40度近い気温になると予想されているほどです。

つまりガチでめちゃくちゃ暑い夏がやって来るわけですよ…、これまでにないほどに。

本当に嫌になります。

皆さま体調管理、酷暑対策にはくれぐれも注意を払ってください。

さて、そんな現在、私のもとには別の意味で「めちゃくちゃアツい」話が舞い込んできました。

アツいどころか激アツ。

普通にテンションが上がる情報となっています。

そんなわけで本日はちょっと緊急ではありますが、その激アツ情報について触れていきます。

かなり貴重な情報でもありますので、ぜひこのまま最後まで読み進めてみてください。

それでは早速見ていきましょう。

キラー WEB3.0 完全攻略キット 完全レビュー

キラー WEB3.0 完全攻略キットの概要

では早速ですが、本日はキラー氏の WEB3.0 完全攻略キットに対し情報を発信していきたいと思います。

メルマガの方では先行案内として少しだけ触れていましたので、すでに知っている方も多いとは思いますが、今回は改めて深堀していくという形を取らせて頂きます。

企画の詳細は下記ですね。

概要としては以下のようになっています。

ライバル不在のブルーオーシャン市場。一日一時間程度のX投稿で完結。時流に乗った先行者利益。投資経験一切不要。これから脱サラ、脱パート、老後資金解決を目指すあなたへ朗報!超お得に実践できるオールインワン企画をご用意しています。いち早くX(Twitter)上に安定報酬の仕組みを設置して、WEB3.0バブルの恩恵を受けてみませんか?

以上となります。

趣旨としてはWEB3.0市場をターゲットに、Xを利用して先行者利益を勝ち取っていくというビジネスモデルです。

WEB3.0というジャンルはここ最近よく聞くフレーズですよね。

現にネット業界ではWEB3.0という「ジャンルそのもの」がトレンドの中心であり、話題を掻っ攫いながら、多くのネットユーザーが注目しているキーワードです。

もちろん日本に限らず海外ユーザーもかなり注目していて、世界的に「次世代型ネットワーク」としての期待が寄せられています。

むしろ、ゆくゆくは現在のWEB2.0からWEB3.0へ移行するのが確実視されているのが実情。

事実、過去にWEB1.0からWEB2.0へ移行している現状を踏まえてみても、WEB3.0への移行は時間の問題だと言って良いでしょうね。

で、現在の「WEB3.0への移行期」を捉えて、この瞬間を攻略しながら稼いでいくのが本企画なわけですが、そもそもWEB3.0を知らない方のために、簡単ではありますが下記にWEB3.0の説明を記載しておきます。

別段難しい話ではないのできちんと読んでみてください。

WEB3.0とは?

WEB3.0を一言で言えば「新しいWEBの在り方」です。

しかし、WEB3.0を理解するためには、まず

・WEB1.0
・WEB2.0

を理解しなければなりませんので、以下から簡単に解説します。

WEB1.0

最初にWEB1.0ですが、これはネットの黎明期にあたる「WEBの在り方」です。

WEB1.0では情報が一方的に流れる中央集権的なもので、例えばGoogleやYahoo!など一部の管理者が一方的に情報を発信し、ユーザーはその情報を「ただ閲覧するだけ」という形態になっていました。※情報の一方通行。

コメント機能を始めとした「ユーザーからの情報発信」がほとんどできず、ユーザーは単に「情報を受け取るだけ」であり、情報は管理者がすべて管理していたわけです。※つまりユーザー間の情報のやり取りができない。

まあ、ごく一部の「2ちゃんねる」などといった掲示板は既にありましたが、基本的には管理者のみが情報を発信していたのがWEB1.0の時代です。

そこから月日が経ち、WEB2.0の時代へ移行します。

WEB2.0

WEB2.0の時代(現代)は、情報の双方向性が高まったWEBの在り方です。

SNSやYouTube、ブログといったプラットフォームが台頭し、管理者に限らずそれらのユーザーも情報を発信できる時代となりました。

SNSで情報発信、ブログで情報発信、YouTubeで情報発信などがいい例です。

このWEB2.0の特徴は、単にユーザーが情報を発信できるようになった点のみならず、ユーザーが様々なプラットフォームを活用して収益を上げることが可能になった点にあります。

ブログやサイトでコンテンツを販売したり、インスタやXでマーケティング活動をしたり、ユーチューバーとして広告収入を得たり、メルカリやヤフオクで転売利益を稼いだり。。。といったことが可能になったわけです。

しかし、WEB1.0と同様に中央集権的な側面は根強く残っているのも事実。

WEB2.0で収益を上げるユーザーのほとんどは、プラットフォーマーが提供する場所でお金を稼がせてもらっているに過ぎないからです。

YouTubeを例にとっても、ユーザーはYouTubeというプラットフォームに登録して収益を上げているわけですから、ヒカキンなどの大物ユーチューバーでさえ、YouTube的には1つのコンテンツでしかありません。

そしてYouTubeの広告収入は、結局のところYouTube側が収益を一元管理してユーチューバーに支払う形となっていますので、中央集権的な側面はどうしても残ってしまっているわけです。

それはユーザーの個人情報に対してもそうですね。

アカウント情報を管理しているのはあくまで管理者(プラットフォーム側)なわけですから。

そこで、この中央集権的な側面を排除した形のWEBの在り方がWEB3.0になります。

WEB3.0

WEB3.0では、ブロックチェーンの仕組みによって、管理者を必要とせず、ユーザーが個人でデータ(個人情報、行動履歴、資産など)を管理できるようになります。

つまり、自分のデータをすべて自分でコントロールしたり、制限したりすることが出来るわけです。

こうしたWEB3.0のネットワークを「分散型ネットワーク」と呼び、このことからWEB3.0は非中央集権的なWEBの在り方だとされています。※管理者が不在で、ユーザー全員がデータを共有し管理する形態。

その上で金銭の取引を行うことも可能で、WEB3.0ではブロックチェーン技術が採用されていることから、デジタル資産を複数人で共有したりすることも可能です。※ブロックチェーン技術により、一度UPされたデータの改ざんは非常に困難であり、実質不可能だとされています。

これまで管理者が管理していたデータをユーザーに分散し管理させる → 分散型ネットワーク

これがWEB3.0の在り方であり、新しいネットワークの形となっているわけです。

ちなみにWEB3.0ではセキュリティ面での向上も期待されています。

先ほども言ったように、WEB3.0ではブロックチェーン技術の採用によって、一度UPされたデータの改ざんは実質不可能である点もそうですが、他にもWEB2.0までは管理者がサーバーを一元管理していたため、そのサーバーを攻撃された場合は一気にユーザーデータを抜き取られたり、流出、改ざん、悪用されるという危険性があった中で、WEB3.0の分散型ネットワークでは1つのサーバーが攻撃されたとしても、情報の大量な流出等を抑えることが出来るからです。

ネットにおける情報流出の危険性は常に意識しなければならない中で、その回避性を格段に向上させている点は革新的だと言えますね。

主に企業などが注目、期待している側面だと思います。

では、そんなWEB3.0の代表例は何なのか?

WEB2.0ではSNSやYouTubeなどが代表例ですが、WEB3.0では何が代表的なのか?

この点についてですが、今のところ代表例は下記となります。

・DeFi
・NFT
・メタバース

現在は上記がよく話題にあがっていますね。

ではここで、上記の解説、そしてこれらを利用した稼ぎ方も併せて見ていきましょう。

DeFi
【DeFi とは?】
DeFi(分散型金融、Decentralized Finance)は、ブロックチェーン技術を利用して構築された金融システムのことです。ブロックチェーン技術を活用して金融サービスをよりアクセスしやすく、透明性を高めることを目指した新しい金融システム。
従来の銀行や金融機関を介さずに、P2P(ピアツーピア=コンピューターが対等な関係でデータを交信するシステム)で金融サービスを提供することを目的としています。
【特徴】
・ブロックチェーン上で動作するため、中央集権的な管理者がいない。
・取引条件が満たされると契約が自動的に実行される。
・インターネット接続さえあれば、銀行口座がなくても誰でも利用可能。
【メリット】
・すべての取引がブロックチェーン上で公開されているため、誰でも取引内容を確認できる。
・24時間365日利用可能で、地理的な制約がない。
・仲介者を排除することで、取引手数料が低減する。
【DeFiでの稼ぎ方】
・レンディング(仮想通貨を他のユーザーに貸し出し、利息を得る方法)
・ステーキング(仮想通貨をブロックチェーンのネットワークにロックし、ネットワークの維持に貢献することで報酬を得る方法)
・イールドファーミング(仮想通貨を流動性プールに提供し、その対価として報酬を得る方法)
・バウンティプログラムやエアドロップ(新しいプロジェクトやプラットフォームがユーザーを引きつけるために行う報酬プログラムです。一定のタスクを完了することで仮想通貨がもらえる)
NFT
【NFTとは?】
NFT(Non-Fungible TOKen、非代替性トークン)は、ブロックチェーン技術を利用してデジタル資産の所有権を証明するトークンです。従来の仮想通貨やトークンとは異なり、NFTはそれぞれが唯一無二であり、互いに交換することができない性質を持っているため、デジタル資産の所有権を証明する新しい方法として、多くの分野で注目を集めています。
アートやゲーム、コレクティブルなどさまざまな用途があり、クリエイターにとって新しい収益化の手段となっています。
【特徴】
・非代替性である(各NFTは他のNFTと交換できない)ことから、特定のデジタル資産の所有権を明確に証明できる。
・取引履歴や所有権がブロックチェーンに記録されるため、改ざんが実質不可能で、透明性が高い。
・NFTには所有者情報や取引履歴、アートの詳細など、さまざまなメタデータが含まれている。
【用途】
・デジタルアーティストがデジタルアート作品をNFTとして販売し、その所有権をブロックチェーン上で証明できる。
・ゲーム内のアイテムやキャラクターをNFTとして取引できる。
・デジタルのトレーディングカードやその他のコレクティブルアイテムをNFTとして発行・取引できる。
・バーチャルリアリティやメタバース内の土地やアイテムをNFTとして所有し、取引できる。
・音楽や映画などのデジタルメディアコンテンツの所有権をNFTとして販売できる。
【メリット】
・アーティストやクリエイターの収益化ができる(作品を直接販売でき、中間業者を介さないため、収益性が高まる。また、二次市場での取引からもロイヤルティを得ることができる)。
・ブロックチェーンにより、デジタル資産の所有権が確実に証明される。
・すべての取引がブロックチェーンに記録されるため、取引履歴が透明で追跡可能。
【NFTでの稼ぎ方】
・デジタルアートの作成と販売(デジタルアート、イラスト、3Dモデルなど)
・ゲーム内アイテムの取引(アイテムをマーケットプレイスで売買する)
・フリッピング(NFTの転売)
・ステーキングやファーミング(NFTをステーキング(預ける)ことで報酬を得たり、ステーキング報酬として仮想通貨や追加のNFTを得ることができる)
メタバース
【メタバースとは?】
メタバース(Metaverse)は、インターネット上に存在する3D仮想空間の集合体を指し、ユーザーがアバターを通じて相互作用し、経済活動や娯楽、学習などを行うことができるデジタル世界です。
物理的な制約を超えた新しい現実として、多くの分野で注目されています。
デジタル空間での新しい社会的、経済的、文化的な活動の場を提供しつつ、技術の進化とともに、その可能性はますます広がっているのが現状。
多くの人の生活やビジネスに大きな影響を与えることが期待されています。
【特徴】
・持続性がある(常に存在し、ユーザーがログオフしても仮想世界は継続して動作している)。
・リアルタイムでの相互作用が可能で、時間が同期している。
・異なる仮想空間間での相互運用性があり、アイテムやアバターが複数のメタバースで使用できる。
・独自の仮想経済が存在し、仮想通貨やNFTを使用して取引や所有権の移転が行われる。
・ユーザー自身がコンテンツを作成し、共有することができ、これにより仮想世界が常に進化し続ける。
【メリット】
・物理的な距離に関係なく、友人や新しい人々と交流することができる。
・新しい形の経済活動が可能で、デジタル商品やサービスの販売、仮想不動産の取引などで収益を得ることができる。
・ゲーム、コンサート、展示会など、さまざまなエンターテイメントが楽しめ、創造的な活動の場としても利用できる。
・仮想教室やシミュレーションを通じて、教育や専門的なトレーニングが効果的に行える。
・バーチャルオフィスや会議室を使ったリモートワークが促進され、効率的な業務が可能になる。
【メタバースでの稼ぎ方】
・デジタルアートの作成と販売(デジタルアート、イラスト、3Dモデルなど)
・仮想不動産の取引(仮想土地の貸し出し、転売など)
・バーチャルイベントの開催(イベントを企画してチケットを販売したり、スポンサーを募集し、広告スペースを販売する方法)
・ゲーム内アイテムの取引(アイテムをマーケットプレイスで売買する)
・バーチャルファッションとアバターアイテムの販売(バーチャル衣服やアクセサリーなどの販売)
・メタバース内でのサービス提供(メタバースのビジネスモデルに関するコンサルティングサービスや、仮想空間の設計・開発、メタバースの利用方法や活用方法に関するトレーニングプログラムの提供など)

さて、以上でWEB3.0の簡単な解説は終了です。

ざっとこのような形ですが、なんとなく理解できたでしょうか?※もし理解が追い付いていない場合は、もう一度だけ上記の説明を読んでみてください。

あくまでこれらはWEB3.0の一例となりますが、これだけを見ても現在のWEB2.0の特徴とはかけ離れているのがわかると思います。

こうした特徴から、ネットユーザーを中心にWEB3.0への関心が世界規模で高まっています。

現にYouTubeやSNSでは「WEB3.0」という概念そのものがトレンドになっているほど話題を掻っ攫っているほどです。

そして多くの人間が、このWEB3.0市場で収益を上げる方法を模索しているのが実情…。

しかし、WEB3.0の概念はここ最近になって広まってきている背景から、実際にWEB3.0で収益を上げているユーザーはまだまだ多くありません。

むしろ全然少ないと言って良いレベル。

つまり、

多くの人間がWEB3.0市場へ参入したくてウズウズしながらリサーチしているのに、稼げている人間は全然いない

…というのが今の状況なわけです。

実際に一個人がWEB3.0市場で莫大な収益を上げているのはごくごく一部でしょう。

ですがその一方、WEB3.0市場は急速に拡大の一途を辿っていて、2023年時点で約61億8730万ドル、2029年にかけて約643億9000万ドルにまで達すると予測されています。

日本円換算にするとこうなりますね。

2023年の市場規模=8971億円
2029年の市場予測=9兆3365億円
※1ドル=145円計算

ご覧の通り、2023年だけでも莫大な市場規模である中、わずか6年で10倍以上の成長速度が見込まれています。

はい、死ぬほどの右肩上がりなわけです。

それなのに、現時点でWEB3.0市場を攻略しながら儲けている人はまだまだ少ない…。

今後ビッグバンのように爆発することが確実視されている市場で、成功している人は「今はまだ」ごくごく少数…。

…。

さすがにこの市場を放っておくのは勿体なさすぎると思いませんか?

まして今後他のユーザーが成功していく様を、指を加えて見ているだけなんて、それはさすがに悔しすぎると思いませんか?

正直、そんな悔しい思いをするくらいなら私は死んだ方がマシなレベルですね。

ネットビジネスマンとしてのプライド的にも、このチャンスを逃すのは到底許せるものではありません。

今このブログを読んでいる貴方も、私と同じ思いを持っていることと思います。

…。

ですが、ご安心ください。

そんな「WEB3.0の急成長期」の中、市場へ参入したくてウズウズしているユーザーが溢れている現状を突いて「うま~く収益化する方法」が存在しています。

それこそが、今回キラー氏が提案する本企画なわけです。

まさにライバルの少ないブルーオーシャン市場であるWEB3.0を背景に、ほんの些細な仕組みをポンと構築するだけで、初心者でも毎月30万円以上の先行者利益を勝ち取っていくことが出来るようになります。

しかも、ちょっと捻ったやり方でそれを実現しているから面白い。

素直に「うま~くやってるなあ」という印象です。

というわけで下記からは、公開できるギリギリの範囲で本企画の全貌を解説していきます。

実際に内容を把握した上での解説となりますので、記事の信憑性については何卒ご安心ください。

それでは解説と行きましょう。

WEB3.0市場で「今現在主流」の稼ぎ方をする必要はない

2024年現在、WEB3.0 での主な稼ぎ方は、上記した通りDeFi、NFT、メタバースを利用する方法が代表例です。

例えばDeFiでレンディングやステーキングを行ったり、NFTでデジタルアートを作成し販売、又は転売をしたり、メタバース上で仮想不動産の取引を行って利益を上げたりするのが現在主流です。

しかしキラー氏の本企画では、それらをする必要は一切ありません。

公式ページに記載されている通り、本企画はあくまで

「基本的にX(Twitter)で完結する手法」

となっています。

とはいえ、もちろん現在主流の方法で利益を狙っていくのも大いにアリです。

拡大を続けるWEB3.0市場でそれぞれの手法を極めていけば、それこそ莫大な先行者利益を獲得していくことが出来るでしょう。

ですがこれらの手法で稼ぐには、当然のこと「知識やスキル」が必要となります。

DeFiでは仮想通貨の知識が必要となりますし、NFTではアートスキルが必要ですし、メタバースでは仮想空間の設計などといったスキルが必要になるのです。

したがってWEB3.0を知らない初心者が、これら現在主流の方法で一気に稼ぐのはちょっとハードルが高いと言わざるを得ません。

少なからず中期的な勉強が必要になります。

その一方でキラー氏の企画では、そうしたハードルをガクンと下げて、初心者でも短期で月収30万円以上を狙っていく手法となっています。

で?具体的にどういった方法なの?

という点については、一言で言うと

これからWEB3.0市場に参入したがっているユーザー、あるいはWEB3.0市場に興味を持っているユーザーをターゲットにした情報提供(案件紹介)ビジネス

という事になります。

これを聞いて、

なんだ、単なるX(Twitter)を使ったアフィリエイトか…

と思っている方、その認識はかなり甘いです。

確かに、単にXを使ってアフィリエイトをするだけなら誰にだってできる反面、ライバルの多さから死ぬほど稼ぎにくい状況なのは明白だと言えます。

ですがそれはWEB2.0のサービスにおいての話であり、WEB3.0を題材とした情報提供であるならば、ライバルなんてほとんどいない状況で戦えるわけです。

何故なら

急成長市場なのにWEB3.0に対する認知度がまだまだ低い

からです。

WEB3.0に興味を持つユーザーが多いのに、その実態を知らない割合が大多数という「隙」を突く

先ほどから本企画は「ライバルの少ないブルーオーシャンな環境」という表現をしていますが、これは実際にその通りで、本手法を実践しているユーザーはほとんどいません。

現に私もこの手法を知ったのは本企画を知った時でしたし、Xを見てみても同様の手法を行っているアカウントはごく少数でした。

その理由としては、やはり

そもそもWEB3.0に対する認知度がまだまだ低いから

に他なりません。

ここに言う「認知度」とは、WEB3.0という単語自体を知らないという意味ではなく、WEB3.0の実態を知らないという意味合いになります。

つまり、

WEB3.0を知ってはいるし、興味もあるが、その全貌や実態については全然知らないユーザーが多い

という事です。

この事から、WEB3.0を題材とした情報発信をしているユーザーも必然的に少ない状況なわけです。

そしてWEB3.0に興味を持っているユーザーのほぼ全ては、WEB3.0の情報を死ぬほど欲しがっているわけなので、その需要に応えてWEB3.0にまつわる情報発信(案件紹介)をすれば、極めて簡単に収益化することが可能となるのです。

だからこそ今の内にこのジャンルに参入しておけば、基本的に誰でも先行者利益を勝ち取っていくことが出来るという事。

1:WEB3.0市場に興味があり、参入したくてウズウズしているが、情報が少なくて実践する方法が分からない無数のユーザー達
2:そんな彼らの需要に応え、WEB3.0にまつわる情報発信(案件紹介)を行う
3:供給がまったく追い付いていない状況だからメチャクチャ高い成約率を叩き出せる

このようなイメージです。

需要の高さは成約率に直結しますので、単にXでWEB2.0の案件紹介を行う場合の成約率とは比較になりません。

それほどWEB3.0市場にまつわる「情報の需要」はガチで高いのです。

それは、WEB3.0市場の推移を見れば明らかでしょうね。

言うなれば、

WEB3.0にまつわる情報供給 = 砂漠で水を売る

ことに非常に似ていると言えます。

ユーザーの反応率が死ぬほど高い理由

ここで、

いくら需要が高いWEB3.0といっても、素人の情報発信で他のユーザーの反応なんて取れるの?

と思うかもしれません。

素人の情報発信なんて質的にたかが知れてるし、ある程度経験を積まないと反応率を上げる情報発信なんてできないのでは?といった感じで…。

確かに、既存の市場に対する情報発信であれば、素人が効率よくユーザーの反応を取ることはかなり難しいと言えます。

しかし、ことWEB3.0であれば話は変わってくる。

何故なら

「WEB3.0」というジャンルそのものがトレンドだから

です。

そう、WEB3.0そのものがトレンドの中心なわけです。

そしてWEB3.0に関連する情報は「みんなが欲しがっている情報」だという事を踏まえれば、たとえ素人の情報発信であってもメチャクチャ簡単にユーザーの反応が取れてしまう。

だからこそ「砂漠で水を売る」ようなものなわけで、現にビットコインが急騰し世間的にも話題になり始めた2017年では、仮想通貨系の情報発信や案件紹介を軽く行うだけで、素人でもガンガン反応や成約を取ることが出来ていました。

例えば、「ビットコインで億り人になれた手法を大公開!」というツイートと共に案件紹介を行うだけで、そこから大勢のユーザーが飛びついていたのです。

まあ、少し考えれば当然のことですよね。

なんせ

1:仮想通貨市場が急成長して「仮想通貨そのもの」がトレンドの中心になる
2:仮想通貨に興味を持つユーザーが爆発的に増える
3:だが実態の認知度はまだまだ低く、仮想通貨系の情報を欲しがっているユーザーが大量発生
4:そこを突いて仮想通貨系の情報発信を行う
5:桁違いの反応率が実現

という図式が成り立っていたからです。

供給より需要が圧倒的に勝っていたからこその現象ですね。

そしてWEB3.0は、今まさにそんな状態。

上記「3」の状態なわけです。

つまり「4」の行動を行えば、たとえ素人でも「5」の結果に辿り着けるわけで、WEB3.0市場の先行者利益を簡単に勝ち取っていくことが出来るという事です。

しかも、WEB3.0に興味を持っているユーザーは、興味を持っている時点で「行動力のあるアクティブユーザー」となりますので、情報発信を行う上でこれほど扱いやすいことはありません。

まるで口を開けて餌を待ってる雛鳥を相手にするようなものです。

実際そんなイメージで、情報を提供する側からすればメチャクチャ好都合。

喉から手が出るほどネタ(情報)を欲しがっている人の群れに、そっとネタを提供してあげる。

たったこれだけで、WEB3.0市場の先行者利益を思う存分狙っていくことが出来るのです。

WEB3.0市場はまさにゴールドラッシュ時代!そこでツルハシを売るのが本企画の肝

キラー氏の本企画の趣旨は、実際に自らWEB3.0市場へ参入してDeFiやNFT、メタバースを利用して稼ぐというものではなく、あくまで「WEB3.0市場の情報発信」となっています。

もちろん、これらで稼ぐのも大いにアリなのですが、「なぜ情報発信なのか?」という点では、おそらくそれが一番で楽で稼ぎやすいから、だと言えます。

それは歴史が証明していて、ゴールドラッシュ時代を例にすると分かりやすいです。

ゴールドラッシュとは、新しく金が発見された地へ、金脈を探し当てて一攫千金を狙う採掘者(鉱夫)が殺到した時代のことを指しますが、実はゴールドラッシュで一番儲けたのは金の採掘者ではありません。

ゴールドラッシュで一番儲けた人は、金を採掘するための道具をその採掘者たちに売っていたビジネスマンたちです。

つまり、金脈付近でツルハシを売っていた人たちが一番利益を得たわけです。

他にも採掘者たち向けに宿泊施設や鉄道を提供していた人たちも、採掘者より遥かにボロ儲けていました。

。。。で、なんだかこれ、今のWEB3.0市場に似ていると思いませんか?

これをWEB3.0市場に当てはめると、

・金の鉱脈を掘り当てたい採掘者 → WEB3.0市場に参入したがっているユーザー
・採掘者にツルハシを売るビジネスマン → 参入者に情報を提供するあなた

このような図式が成り立つのです。

金の採掘者はツルハシが無ければ採掘が出来ないのと同様に、WEB3.0市場で稼ぎたいユーザーは「WEB3.0の情報」が無ければ稼げないのです。

ゴールドラッシュの歴史を参考にしてここを突けば、WEB3.0市場に実際に参入するより情報の提供側に回ったほうが稼ぎやすいのは明白。

だからこそ本企画では、WEB3.0市場でツルハシを売って稼ぐことを趣旨にしているわけです。

普通に理にかなっていますし、何より合理的ですね。

しかも本企画がゴールドラッシュに似ている側面はそれだけではありません。

実際にツルハシを売っていたビジネスマンは、単にツルハシを仕入れて売っていただけであり、言うなれば「ツルハシを右から左に流しただけ」で莫大な利益を得たわけですが、本企画もそれとほとんど同じような流れで稼いでいくことが出来ます。

WEB3.0の専門知識は不要!秘密の情報網からネタを右から左へ流すだけでOK

本企画の趣旨を聞けば、

WEB3.0の情報発信で稼ぐのは分かったけど、そもそもWEB3.0の知識がない場合は稼げないのでは?
誰かに発信できるWEB3.0の情報なんて知らないし…。

と思うかもしれません。

しかしご安心ください。

本企画ではキラー氏から「秘密のWEB3.0の情報網」がいくつも用意されていますので、WEB3.0の知識が一切無くても全く問題ありません。

その情報網からWEB3.0のネタを仕入れて、それをXに流すだけでOKだからです。※もちろん情報網からのネタは有益で貴重なものですのでご安心ください。

まさに「ネタを右から左へ流す」。

たったこれだけです。

ツルハシを流し売りしていたビジネスマンとほとんど一緒であって、難しい工程は一切ありません。

ただ少しだけ違うのは、本企画は基本的にXにて情報発信を行うわけですから、仕入れたネタをXの投稿用に編集(整理整頓)する必要がある事です。

Xには字数制限がありますので、こればかりは仕方ありません。

つまり

ネタの仕入れ → 編集(整理整頓) → 発信

この3ステップを踏む必要があるという事です。

ですが、ここでもご安心ください。

本企画ではその編集用にテンプレートまで用意されています。

発信ネタの編集はテンプレ任せ!文章力は一切不要で頭を使わない!

本企画では、X投稿用のテンプレートが用意されています。

仕入れたネタをXで発信する際、初心者はどう編集して発信すればいいか迷ってしまう可能性がありますが、そこをきちんと考慮し、配慮されている形です。

なのであなたはこのテンプレに当てはめてネタを整理整頓し、Xで投稿すればいいだけ。

あなたの文章力など一切必要なく、頭さえ使わずに、ただただテンプレ通りに編集すればOKなのです。

しかもそのテンプレ構成も、Xに気に入られるために、X対策専用のアルゴリズムを考慮した

ユーザー心理
ユーザー目線

という二つの軸を徹底的に意識した文章構成になっています。

つまり一般ユーザーのツイートとは比にならないレベルで高品質なツイートが可能となるわけです。

高品質なツイートは他のユーザーの反応にも影響しますので、このテンプレの存在はかなり助かるポイント。

普通にガンガン使い倒したいところですね。

ちなみにこのテンプレを使いパズル感覚で取り組んだ結果、X開設20日にして1000フォロワーを達成した事例もあります。

一般ユーザーが1000フォロワーを達成するには結構な時間と労力が必要になる中、このケースでは開設からわずか20日ですからね。

WEB3.0そのものがトレンドだからと言っても、このテンプレの有益性は目を見張るものがあります。

是が非でも使っておくべきだと思います。

また、本企画は基本的にXで完結する流れとなっていますが、プラスαの収益を目指したいのであればブログも同時に運営していくのも有効です。

Xとブログを同時進行で収益倍増!

本来、本企画はXの運営のみで完結するところを、ブログも同時に運営して更なる収益を目指していく…。

これはどういう事かというと、本企画を進めていく中であなたはXの投稿を一日2~3回程度行うわけですが、積み重ねたツイートの中には「反応率が極端に良いツイート」が必ず出てきます。

あ、このツイートはかなり注目されてる
なるほど、ユーザーにとってこれがメチャクチャ興味のあるネタなのか

といったように、必ずどこかで反応率が爆発するツイートが出てくるのです。

そこを利用し、反応が良かったネタをさらに深堀りした情報を、改めてブログの方で発信していくわけです。※Xからブログへの誘導。

タダでさえツイートという短い文章で食いついているネタですから、ブログでそれをさらに突っ込んだ形で情報を発信しアプローチすれば、成約率がまたさらにドカンと上がるのは明白。

なにせブログにアクセスしてきている時点で、それはもう成約する気満々の「見込み客」という激アツ層ですからね。

その層に案件紹介などを行えば、あなたが思う以上に簡単に成約してくれるはずです。

ブログ運営なんて自身が無くて出来ないよ!
ブログで案件紹介の記事を書くのも難しそう…。

と思ったとしてもご安心ください。

その点も本企画ではきっちりカバーされていて、初心者でもブログで稼いでいけるノウハウがしっかりと提供されます。

Xからブログへの上手な導線の引き方や、ブログでの深掘りの仕方、見込み客へのアプローチ方法などなど、かゆい所に手が届くようにコンテンツが網羅されています。

なので初心者は特にご安心していただければと思いますが、どの道ブログへ来るユーザーが「見込み客」であることに変わりはありませんので、グンと高い成約率を叩き出すのはぶっちゃけかなり簡単かと…。

普通に成約率20~30%くらいは行くでしょうね。※本来は5%行けばいいほうです。

さらに言うと、もし自分のコンテンツを持っているのなら、その販売へと繋げることも十二分に可能です。

自分のコンテンツを売って収入を爆増することも可能

これは中級者または本企画を実践して数か月経った頃に取り組める方法ですが、もし自分のコンテンツがあるのなら、それを商品化してブログあるいはX上で販売することも可能です。

というのも本企画を始めて数か月経ったころには、もうすでに本戦略を学んで収益化できているはずなので、そのノウハウを自己流にアレンジし、コンテンツとしてまとめ上げ、それを販売することが出来るわけです。

販売方法としてはnoteなどといったプラットフォームを利用しても良いですし、PDFにまとめて直接販売しても良いでしょう。

いずれにしても、実践課程でX、ブログ共に集客数が多くなってきているはずですので、そうしたユーザーの集まる場所でコンテンツ販売を行えば、本来の収益額を爆増させることが可能になるのです。

なので、余裕があるならこの工程も行ってほしいところですね。

個人的にはXで完結しておくのはかなり勿体ないと感じます。

…で、私が感じる本企画の最大の利点なのですが、それは…。

情報発信系ビジネス特有のネタ切れが無い!無数の情報源をキラー氏が紹介してくれる

これに尽きます。

当記事で何度かお話ししている通り、本企画ではキラー氏からWEB3.0の「ネタの仕入れ先」をいくつも紹介してくれるんですよ。

これはかなりのメリット。

というのも、ブログやSNS、YouTubeを始めとした情報発信系ビジネスの最大の難点は「ネタ切れ」です。

まあ、「最大」はちょっと言い過ぎかもしれませんが、それでも「発信するネタがない状況」というのは運営者にとってかなり致命的…。

今後のビジネス展開を左右し、その継続性を脅かすほどの要因となります。

これは一度でもブログをやったことのある人なら分かるのではないでしょうか。

「やばい、書くネタがない…。ブログの更新が止まってしまう!なにか話題性のあるネタはないか…。」

ブロガーなら誰しも一度は経験していることだと思います。

しかし本企画では、常にWEB3.0の有益な情報をGETできる情報網が提供されるので、情報発信系ビジネス特有のネタ切れという現象はまず考えられません。

むしろ発信するべきネタが多すぎて逆の意味で困ってしまうレベル。

提供される情報網は「ネタの大河」ばりに情報が豊富なのです。

なので、この情報網がある限り「ネタ切れ」が起こる可能性はゼロであり、「ネタを探す」という時間と労力もゼロになります。

ちなみに、ネタが多すぎるからといって

どのネタを発信しようか迷ってしまう…

という事もありません。

本企画で提供されるコンテンツには、情報網からのネタ収集をできるだけ最小限の労力に抑え、収集する上での見るべきポイントやコツの解説が行き届いているからです。

これはXへの情報発信に集中していただくための配慮であり、鮮度の高いネタを効率的にリサーチしていくための「情報環境」を徹底して提供する意図になります。

どういったネタを発信すればよいのか?
どういったネタが「今アツい」のか?
どういったネタがより多くの反応を得られるのか?

これらのポイントが具体的に解説されているわけです。

だからつまり、あなたはその解説に沿ってネタを仕入れて、テンプレに沿って編集し、あとはXに投稿するだけでOKということ。

わずか3ステップで完結する流れとなります。

そしてこの一連の流れは、1サイクル10~15分程度で終了。

これを一日2~3回繰り返すだけで、その日の作業は完了いたします。

…本当、非常に簡略化された手法だと思いますね~。

しかも現状、この流れで収益を上げているライバルはほとんどいない。

考えれば考えるほど美味しいビジネスではないでしょうか。

また、

ネタ切れが起こらない + WEB3.0は拡大し続けている新興市場

という点を踏まえれば、どんなに少なく見ても向こう10年は食っていけるビジネスだと言えます。

考えてもみてください。

2029年までにおよそ10倍に成長すると見込まれているのがWEB3.0市場ですよ?

その市場の情報発信をネタ切れ知らずで取り組めるわけですから、どう考えても10年以上は食っていけるはずです。

だからこそ私は、今の内に先行者利益を勝ち取ることを自信を持ってオススメします。

提供コンテンツ一覧

ではここで、本企画の提供コンテンツをご紹介します。

コンテンツとしては、マニュアルやデータシートなどの電子ファイルと、専用ラインによるサポート環境が提供されるのですが、提供コンテンツのカリキュラムは以下の通りです。※以下公式ページより引用。

メインコンテンツ

■反応の取れるネタリサーチ先公開シート
自分一人でネット上からWEB3.0の情報発信ネタを収集するとなると、膨大な時間と労力がかかりますので、短時間で反応の取れるネタを収集できるよう、シートで情報収集先のメディアをまとめました。
情報収集をできるだけ最小限の労力に抑え、ポスト投稿に集中していただくために、参照メディアのURL公開や、ネタ収集する上での見るべきポイントや箇所の解説なども行います。
鮮度の高いネタを効率的にリサーチしていくための「情報環境」を徹底してご提供します。
■収益化までの全体戦略とTwitterアカウント設計
日々のポスト投稿から、案件ページへの誘導に至るまで、閲覧した投資ユーザーをどうXアカウント上で囲い込み、落とし込んでいくかの「戦略」と「戦術」をお伝えします。
X(Twitter)はそれぞれ日々のポスト文、プロフィール、固定ツイート、引用リポスト、リプライ等でコンテンツが構成され、それぞれに「役割」を持たせ、全体を連携させて収益化に繋げていくことが重要です。
ここの部分を疎かにすると、穴の空いたバケツに水を注ぐようなものであり、訪れた投資ユーザーに離脱される原因になります。
一つ一つのポスト文だけで勝負をするのではなく、全体のコンテンツ設計を施すことによって、Xアカウントの収益率が極限まで高まり、少ないフォロワー数でまとまった報酬金額を獲得できます。
■濃いユーザーを大量獲得するためのリードマグネットの作り方
Xアカウント単体でも十分な収益化は可能ですが、LINE@やメルマガの読者登録を促し、1on1のステージにもっていった方が、より収益化の幅が広がります。
その上で、あなたのXプロフィールを閲覧したユーザーが、固定ポストに視線を向け、そこからLINEやメルマガに興味を持たせていくために、有効な集客の施策をお伝えします。
固定ポストに、ユーザー獲得するためのリードマグネットを設置することで、少なく見積もっても、月間で100人ほどの投資ユーザーがあなたの読者さんとなり、高単価商品であろうが何の抵抗もなく購入してくれるようになります。
■高単価&継続報酬を可能にするオススメ案件
仮想通貨取引所案件は1件あたり5000円~1万円ほどのアフィリエイト報酬になりますが、それ以外にも金融ジャンル全般の案件であればどれも成約に結びつけることができます。
その中でも、1件あたり5万円以上貰える高単価案件や、投資ユーザーがWEB3.0関連の取引を行う度に、手数料報酬が入り続ける案件など、「目標の収入額」に合わせて案件選択することが重要です。
同じ集客数、同じ誘導率でも、商品案件を変え、商品単価(成約単価)を上げていった方が、ダイレクトに収入も上がっていきますので、是非取り入れておきたい視点になります。
■案件系ツイートの作り方
ASPなどで各案件と提携できたら、早速投資ユーザーにPRしていくためのポスト文を作成します。
紹介する案件に「興味」を持たせ、「必要性」を感じてもらい、すぐさま行動したくなるような短いポスト文の構成について、“テンプレート”と“事例データ”を添えて伝授します。
一度案件系ツイートを作成できてしまえば、定期的にそれを「リポスト」したり、「引用」することで、“収益装置”としてずっと機能してくれます。
■トレンドネタツイートの作り方
アカウント開設から初期構築段階において、WEB3.0業界で注目されているコイン情報やNFTなどの「時事ネタ」を配信したり、高利回りの投資案件を取り上げたりするなど、“みんなが知りたい情報”を中心にポストしていくことは、アカウントを育てる上で有効な施策です。
日々の情報収集したそれらのネタを、どうユーザー目線で分かりやすくまとめ、Xのアルゴリズムを意識した構成にどう仕上げていくか、伝授していきます。
こちらもテンプレートと事例データを使用しながら、構築初期から投資ユーザーを効果的に集め、「高い反応率」と「即効性」を実現していただきたく思います。
■実績なし専門性なしOK!反応の取れるプロフィール作成テンプレート
Xアカウントにおいて、プロフィール部分は最も見られる部分であり、ユーザーを惹きつけ、価値あるアカウントであると認識していただくための「フックとなるコンテンツ」になります。
ただの趣味や経歴を書いてるだけのプロフィール文では、当然見向きもされないし、離脱されるだけなので、興味を持たれるための「要素」を限られた文字数の中で効果的に散りばめる必要があります。
今回大量の実例データをベースに、最も反応の取れるプロフィールの型をお渡ししますので、パズルを埋め込む感覚で、実績経験0でも注目されるプロフィール文を作成していただきます。
プロフィール部分を洗練させることで、効果的に投資ユーザーからフォローされたり、読者登録されたり、案件成約されるようになります。
■LINEサポート(1ヶ月)
今回、『WEB3.0×先行者利益』完全攻略キットをお買い上げいただいた方限定の専用LINEをご用意しました。
ここのLINEグループでは、専用コンテンツや追加コンテンツをお渡ししたり、リアルタイムでの質問や相談がチャット上で対応できるようになっております。
作業を実践していく上で、行き詰まった部分が出てきたり、調べてもどうしても分からない部分や伸び悩んでいる部分があれば、いつでもご連絡ください。

以上がメインコンテンツです。

ご覧のように、かなり豊富なビジネスノウハウが収録されておりますので、初心者が稼いでいくための「武器」も網羅されています。

これらを余すことなくフルに活用すれば、たとえXを使ったことがない人でも簡単に先行者利益を勝ち取っていくことが可能。

本企画の威力をぜひ堪能してください。

さらにご参加から期間限定で、下記の追加コンテンツも提供されます。

追加コンテンツ。マニュアル受取から3日以内申込者限定!『0→1ブートキャンプ』(120分)

また、本企画の追加コンテンツとして、良いスタートダッシュが決められるようにキラー氏のマンツーマンレクチャーが受けられる環境も提供されます。※Zoomにて実施。

これはご参加から3日以内に申し込まなければ受けられないコンテンツとなりますので、忘れないようにぜひお申し込みください。

趣旨としては、

・どのようにマニュアルを使いこなしていけばいいか分からない。
・自分の能力や作業時間に合った実践プランニングが立てられない。
・データやシステムの見方、使い方が分からない。
・目標の収入額に合わせてこれから具体的にどう作業を進めていけばいいか分からない。
・コンテンツを受け取るだけで、果たして行動できるのか不安だ。

といった疑問や不安を解消するためのもので、キラー氏自らが対面でレクチャーしてくれるものとなります。

そのうえでキラー氏いわく、

『0→1ブートキャンプ』に最初に参加することで、あなたはこれから収入を得ていく上での具体的なプロセスを細分化された状態でイメージすることができ、“超やる気MAX”になっていただきながら、実践することができます。

とのこと。

なので初心者にこそ受講してほしいレクチャーですね。

そして『0→1ブートキャンプ』の予定セッションとしましては以下の通り。※以下公式ページより引用。

■6ヶ月以内に毎月30万円以上の安定報酬を達成するロードマップ作成会
どのような手順で作業を進めて効率的に収益化を図り、ほぼ自動で報酬を発生させる「仕組み」をどう作り上げるか、実例を交えて“あなただけの成功プランニング”を目の前で作り上げます。
目先の作業に踊らされるのではなく、全体を俯瞰し、「なぜ今この作業をしているのか」理由が理解できるようになります。
WEBビジネスの実践は、“いつ成果が出るか分からない”自分との戦いの要素がありますが、ロードマップ作成会を通じて、成果が出るまでの「目安」や「今やるべきこと」が明確になり、モチベーションも継続できます。
■反応の取れるポスト文を作成する画面共有実演会
ただマニュアルや動画講義だけを見ても、どうしても自分の解釈力や理解力に依存され、全て完璧に吸収するのは難しいと思います。
だからこそ、売上に直結する重要なポスト文の作成や、発信ネタの収集リサーチの部分など、画面共有を交えながら、目の前で実演していきます。
「百聞は一見に如かず」という諺の通り、習得度や理解度がマニュアルより格段に違ってきます。
■WEB3.0配当金&高利回り案件のご紹介
Twitter副業以外にも、Defiやエアドロップ、ミームコインなど高利回りの投資法や案件があるので、それら次世代の投資法も、画面共有を通じながら体感していただきたく思います。
勿論、投資であるので100%利益が出るものではなく、投資をするしないは各自の自由です。
ですが、時代の最先端を入る金融ジャンルの「威力」や「可能性」を間近で知るという意味でも、一度経験してみるのもオススメです。

以上となります。

ご覧のように、初心者特有の不安要素を排除することはおろか、今後の成功プランや心構えを学ぶことが出来ますので、ぜひ受講することをオススメします。※単に「キラー氏と直接対談できる」というだけでも価値があるはずですよ。

あなたが成功するまでのスケジュール

さて、これらの提供コンテンツを踏まえ、以下からはあなたが実際に参加した際、どのような流れで成功していくのかシミュレーションをしておきます。

前提として基本的には一日1時間程度の時間を確保できれば問題ありませんので、本業の傍らご自宅で無理なく取り組んで頂けます。

なので副業に時間を取られたくない方や、そもそも普段から時間がない方は何卒ご安心ください。

ただし、スマホのみで取り組むのはちょっと厳しいです。

絶対にスマホでは不可能か?と言われれば断言できないのですが、PCの方が遥かに利便性が高いと言えますので、この点は予めご了承ください。

それでは早速見ていきましょう。※以下公式ページより引用。

1:マニュアル受け取り&0→1ブートキャンプでのスタートアップ(実践1週目)
『WEB3.0×先行者利益』完全攻略キットの受け取り後、専用コンテンツをザッと目を通し、0→1ブートキャンプで個別プランニングをしていきます。
これからこなすべきタスクの確認や、行動計画を立て、作業に集中していくための環境を整えます。
2:Xアカウント開設&プロフィール作成やASPの登録準備(実践2~4週目)
早速、TwitterXを運営していくにあたっての準備作業に取り掛かります。
各種ASPに登録し、仮想通貨取引所案件などと提携申請をしたり、Xアカウントを開設し、アイコン画像やプロフィールを作成したりするなど、「箱作り」を最初に行います。
基本的には、登録作業などの“機械的操作”がメインとなるので、淡々と初期タスクをこなしていきます。
3:日々のポスト投稿(案件系、時事ネタ系)によるアカウント教育(実践1~2ヶ月)
ASPで提携できた案件や情報収集したWEB3.0関連の時事ネタなどをテンプレに沿ってポスト投稿し、Xアカウントを育てていきます。
特にこちらからコメント周りやいいね周りをする必要はなく、オーガニックなポスト投稿のみで、投資ユーザーを集客します。
黙々と情報収集→1日2~3ポスト投稿による簡単ルーティンワークを継続し、作業を積み上げれば積み上げるほど、後々収益化がしやすく有利に働きます。
状況次第ではこのフェーズで、月5万円前後の報酬が発生するようになります。
4:WEB3.0関連の案件紹介や、LINE@誘導等による収益化の施策強化(実践3~6ヶ月)
この時期になると、ある程度Xアカウントが育ち、アルゴリズム評価も高まり、多くの投資ユーザーに自分の投稿がリーチされるようになります。
それに伴い、紹介している案件がほぼ毎日成約に至り、月10万円~30万円が現実的に狙えるようになります。
仮想通貨取引所案件以外にも、他のWEB3.0アプリや海外取引所など別案件を組み合わせたり、固定ポスト→LINE@への誘導など、より近い距離感でセールスすることで、収益の幅や厚みがさらに広がります。
5:各種金融案件や、コンテンツ販売(Note等)による収益性の強化(実践7~10ヶ月)
より独立レベルを狙う収益金額を掴んでいただくため、より収益性を高めた施策を実施していきます。
具体的には、WEB3.0関連のみならず、金融案件全般(FX系や証券口座など)を取り扱ったり、自分で何かしらのWEB3.0投資系のノウハウをNoteでまとめ、有料販売したり、他人のコミュニティをアフィリエイトしたりするなど、毎月50万~100万円以上が達成できるようになります。
ブログ記事やYouTubeメディアを組み合わせたり、NFTの抽選プレゼント企画など、集客を加速させる施策も組み合わせれば、より強固で安定的な収益装置を作り上げることができます。
6:外注化による収益の自動化(実践11~12ヶ月)
収益は毎月ある程度達成できるようになったけど、Xのポスト更新作業にいつまでも追われていたり、新案件を次から次へと紹介を続けるような「労働」を続けていては、どこかで体力的な限界が来てしまいます。
日々の更新作業を、格安で外注したり、セールスを他の人に代行してもらったり、ChatgptなどのAIを駆使して業務効率化することで、大幅に自分の「時間」を作り出すことができます。
時間が余分に確保することができれば、毎月半分は旅行して遊びながら稼ぐこともできますし、その空いた時間で別のビジネスや事業を作る時間にも充てることができます。
暇こそ正義なのです。
常に「仕組み化」と「自動化」という視点を持って、ビジネスを組み立てていくことをお勧めします。

さて、以上ですね。

これでかなり鮮明に「自分が成功するまで」をイメージできるのではないでしょうか?

割と分かりやすいロードマップだと思います。

また、このロードマップには特段難しい工程なんてありませんし、提供コンテンツには「何をどうすれば良いのか?」という実践カリキュラムも組まれていますので、最後まで「挫折する」ということはありません。

他にも、初心者特有の「疑問」を感じる可能性も極めて低いと思います。

というのも多くの教材では、参加者は実践課程で

「なんでこの工程が必要なのか?」
「私は今何をやらされているのか?」

という疑問を抱えてしまうことがよくあるのですが、本企画のカリキュラムではそれらの答えも同時に解説しながら進められるので、先行き不透明なまま進んでいくことはないのです。

従ってメンタル的なしんどさを感じることなく、常に明確な目標に向かって突き進むことが出来ます。

よくよく考えられているコンテンツ構成だと感じますし、実践者目線が徹底されている点にはかなり好印象ですね。

初心者ほどこの優しい環境に甘えるべきだと思います。

ちなみに本企画のカリキュラムを進めた場合の成果事例としては下記の通りです。

成果事例

・X開設20日にして1000フォロワーを達成
・開設4日目で26000円の報酬
・700フォロワーの段階で、 85万円のNote販売達成
・2ツイートしただけで毎日3万円のトークン報酬が入り続ける
・全30記事だけで月収65万円を達成。
・WEB3.0企業からスポンサー依頼が来る。
・取引所紹介で毎月30万円の手数料報酬が継続的に発生
・仮想通貨すら買ったことがない50代主婦が、実践4ヶ月で脱パート
・ブロックチェーンゲームの案件を紹介したNote販売で3日間で85万円を売り上げた元ノウハウコレクター30代男性
・1年間引きこもりのニートが、1ヶ月でフォロワー数1000人達成し、4ヶ月で月60万円前後の継続報酬の仕組みを構築
・100記事書いても報酬360円だった元介護士が、TwitterXで1日2ポストを90日続けて、月35万円のアフィリエイト報酬を達成
・NFTプレゼント企画で2日間で300リストを集め、215万円の売上を達成したキャバ嬢
・事業の一環として取り入れ、未経験スタッフひとりに運用を任せ、速攻で黒字部門になった物流系中小企業社長

ざっとこんな感じ。

これらの成果はすべて本企画への参加者たちのものです。

普通に目を見張るものがありますね。

中でも

・2ツイートしただけで毎日3万円のトークン報酬が入り続ける
・取引所紹介で毎月30万円の手数料報酬が継続的に発生
・1年間引きこもりのニートが、1ヶ月でフォロワー数1000人達成し、4ヶ月で月60万円前後の継続報酬の仕組みを構築

という「継続的な収入」を実現している事例が素晴らしい。

もちろん他の事例も「凄いじゃん」と評価できるのですが、やはり継続収入の実現が一番おいしいはず。

なんせ今後WEB3.0市場がある限りこれらの収入が永続するわけですからね。

こうしたキャッシュフローを構築できた時点で「勝ち組」だと言えます。

そして、キラー氏自身の成果としては下記の通り。

非常に優秀な成績となっていますね。

1日の確定報酬108万円は普通にスゴイです。。。

おそらくこの成果には、

目標設定と計画
継続的な学習と自己改善
ネットワーキングと協力
挑戦と克服

といったようなステップを経ているのだと考えられますが、この成果は単なる数字ではなく、キラー氏の努力と献身の結晶だと言えます。

そうでなければこれほどの実績は積めなかったでしょう。

愚直な「WEB3.0で稼ぐ」という思いだけではまず成し遂げられなかったはずです。

。。。で、そんなキラー氏が紆余曲折を経て完成したビジネスノウハウを、そっくりそのままパッケージ化したのが本企画。

「実績に裏付けされた再現性」

が保証されているからこそ、先ほど示した実践者たちの事例があるわけです。

従って、もしあなたがネットビジネス初心者であっても、先例者と同じような収入を再現することは十分に可能。

本企画のカリキュラムをきちんと進めるだけで、今後確実に成長していくWEB3.0市場にて自分だけの利益を独占的に稼いでいけるのです。

ハッキリ言って、ここまで来れば迷う必要なんてないと感じますね。

これからWEB3.0へ参入していくユーザーが爆発的に増えるのは目に見えていますから、今の内に「ツルハシを売る仕組み」を作っておくのが賢明です。

先行者利益の実現はもう目の前ですよ!

キラー WEB3.0 完全攻略キットのメリット(特徴)まとめ

さて、ここまで一通りキラー氏のWEB3.0 完全攻略キットの解説を行ってきましたが、いかがでしょうか?

WEB3.0市場に対してもそうですが、本企画の有益性、再現性にはかなりの期待と可能性を感じないでしょうか?

改めて断言しますが、WEB3.0市場は今後確実に拡大していきます。

なんせ今まさに拡大し続けていますし、何度も言うように「WEB3.0」という概念自体がトレンドそのものだからです。

初期の仮想通貨市場と同様、この先どんどん世間から注目を浴び、関心が高まっていくのは必須なわけです。

そして2024年はその「初動」の段階。

まさに今が絶好の参加チャンスなのは言うまでもありません。

この初動を捉え、ぜひ先行者利益を得る事をおすすめします。

その上で、一度ここらでWEB3.0市場と本企画のメリットをまとめておきます。

あなたの頭を整理する意味でも、一度ご確認いただければと思います

WEB3.0×完全攻略キット メリット(特徴)一覧

■ライバル不在のブルーオーシャン市場
■基本的に一日一時間程度のX投稿で完結
■簡易的なXポスト投稿でOK
■知識、経験、スキル、センス、一切不要
■WEB3.0市場を攻略するオールインワン企画
■誰でも先行者利益を勝ち取れる
■2029年までに10倍以上になると目されている右肩上がり市場
■毎月30万円以上の収入は余裕で射程圏内
■自らWEB3.0市場で投資活動を行う必要はない
■金銭的リスクは完全ゼロで実践可能
■あなたはツルハシを右から左へ流すだけでOK
■行動力の高いアクティブユーザーがターゲットだからメチャクチャ好都合
■しかもユーザーへの供給がまったく追い付いていない状況だからメチャクチャ高い成約率を叩き出せる
■秘密のWEB3.0の情報網があるからネタ切れ知らず
■ネタの編集、投稿方法もテンプレ頼りにできるからカンニング感覚で完結
■3ステップで完結、1サイクル10~15分、一日2~3回繰り返すだけでOK
■自分のコンテンツを売って収入を爆増することも可能
■Zoomでマンツーマンレクチャーが受けられる「0→1ブートキャンプ」利用可
■報酬単価の高い各種アフィリエイト案件も扱える(1件1万円の取引所案件など)
■継続的報酬を可能にする投資紹介プログラムもあるから、安定的かつ継続的なキャッシュフローを構築できる
■実績に裏付けされた再現性を堪能できる

JILL限定特典配布決定

ここまでお読みいただきありがとうございます。

かなり長文となってしまいましたが、お伝えするべき本企画の特徴などはお話しできたかと思います。

あとはあなたがどう捉え、どのような行動を起こし、どういった結果を残すのか、すべて「あなたの判断」にかかっています。

ぜひこのチャンスを掴み、WEB3.0市場の黎明期を攻略してください。

その上で当サイトではお申込者様限定で、下記に記載するジル限定特典を提供させて頂きます。

やはり私がここまでオススメするからには、何かプレゼントをしなければならないと考え、今回このような形を取らせて頂きました。

まあ自慢ではありませんが、私もかれこれネットで数億円は稼いできているので、その実績と経験を基にしたかなり貴重な情報をお届けできるかと思っています。

なので、ぜひこの機会にご活用いただければ幸いです。

ちなみにご提供は完全無料ではありますが、当サイトからお申込み頂いた方限定でのご提供となりますので、この点はくれぐれもご注意ください。

他所のサイトからのお申し込みの場合は特典配布対象外となりますので、予めご了承いただければと思います。

また、現在(※2024年6月27日時点)は特典の製作段階となりますので、完成前にお申込みされた場合はご提供まで少しお時間を頂いております。

その場合、完成次第に随時配布いたします。※お申込み時の氏名、メールアドレスを予めお知らせいただきますと特典のご提供がスムーズです。

何卒ご理解ください。

そして特典の完成は、2024年7月中旬を予定しております。

完成次第、当ブログ&メルマガの方で告知いたしますが、今回のご紹介を機にお申込者が殺到することが予想されますので、いち早く先行者利益を獲得するためにも、とりあえず参加だけはしておくことをオススメします。

つまり一旦参加しておき、本企画のカリキュラムをある程度進めておいて、後から当特典を併用して収益の底上げを図るのが賢明だという事です。

まあ参加は早ければ早いほど断然有利ですからね。

個人的には今すぐこの時流に乗っておくことを強くオススメします。

それではあなたのご参加をお待ちしております。

特典の受取には注意事項もありますので、くれぐれも最後までよくお読みになってからお申し込みください。
当特典は自動配布されるものではなく、いくつかの申請ステップがあります。

JILL限定特典一覧

Xで情報発信をする心構え
X運営で意識するべき点
多くの人間の反応率を上げるには?
「直感的」に●●●を与えることが重要
Xユーザーの興味を引き付ける原理
Xユーザーの興味を「意図的に」引き付けるテクニック
反応率をさらに起爆させるシックスブースター
●●性と●●性でユーザーの心理を刺激する方法
短文でユーザーの想像力を刺激する秘密
意外と重要な「意外性」
Xユーザーを「行動せざるを得ない状態」にするには?
Xユーザーが「行動・成約」に至る心理と原理
Xユーザーにおける行動への動機
実際にXユーザーを行動させる4種の神器
人を「無意識」に行動させる心理戦術
日本人ならではの「民族性」を悪用して反応率を激増する方法
※注(1):当特典は、ご参加頂いた時点で自動的に提供されるものではありません。特典をご希望の方は、お申込みした際の氏名、メールアドレス、決済情報を私宛にメールでお知らせください。照合後、お知らせ頂いたメールアドレスへ特典を送付させて頂きます。
※注(2):当特典の提供は、当サイトのリンクからお申込み頂いた方を対象としています。他のサイトからのお申込みですと特典配布対象外になりますのでご注意ください。
※注(3):特典内容は随時追加する可能性もありますが、予告なく終了する可能性もありますので、くれぐれもお申し込みはお早めにお願いいたします。
※注(4):当特典は2024年7月中旬から(完成次第)順次発送予定です。それ以前にお申込みされた方は、特典請求メールに記載のメールアドレス宛へ送付させて頂きますので、期日以降までしばらくお待ちください。

さあ、WEB3.0市場で先行者利益を勝ち取ろう!

さて、お疲れさまでした。

本当に長々と申し訳ありません。

今数えたら本記事の文字数は26,000字超え…汗

私もついテンションが上がり、舞い上がって長文となってしまいました…。

ちょっと恥ずかしいです…。

しかし、それほどWEB3.0は激アツ市場だという事で、その市場を初心者でも完全攻略できる本企画はガチで貴重。

今の時期、この企画に参加できるのは本当に千載一遇のチャンスだという事です。

まるで「上質なトレードノウハウを手に仮想通貨市場の黎明期に参入できる」ようなもので、今は本当に「時期に恵まれている」と断言できます。

なのでこのチャンスを逃すのは本当に勿体ないかと。。。

今になって「2015年くらいにビットコインを買っておけば…」と後悔するのと同じように、この時期を逃せば数年後確実に後悔していると思います。

あの時WEB3.0市場でツルハシを売っていれば…

もしこの時期を逃せばこうなるのはもう目に見えているので、そうならない為にも、私はこの場で「今すぐWEB3.0市場で利益を上げろ!」と言っておきます。

どうせ稼ぐなら楽して稼ぐに越したことはありません。

くれぐれも先行者利益を逃さないでください。

あなたのご参加をお待ちしております。

※注(1):当特典は、ご参加頂いた時点で自動的に提供されるものではありません。特典をご希望の方は、お申込みした際の氏名、メールアドレス、決済情報を私宛にメールでお知らせください。照合後、お知らせ頂いたメールアドレスへ特典を送付させて頂きます。
※注(2):当特典の提供は、当サイトのリンクからお申込み頂いた方を対象としています。他のサイトからのお申込みですと特典配布対象外になりますのでご注意ください。
※注(3):特典内容は随時追加する可能性もありますが、予告なく終了する可能性もありますので、くれぐれもお申し込みはお早めにお願いいたします。
※注(4):当特典は2024年7月中旬から(完成次第)順次発送予定です。それ以前にお申込みされた方は、特典請求メールに記載のメールアドレス宛へ送付させて頂きますので、期日以降までしばらくお待ちください。

最後になりますが、当ブログに関するお問い合わせは、サイドバーに設置したメールリンクからお願い致します。

必ず24時間以内に返信させて頂きますので、いつでもお気軽にどうぞ。

現役インフォプレナー「Jill」

コメント

タイトルとURLをコピーしました